コミー元長官発言はほぼ影響ないが、問題はイギリス選挙

昨夜行われたFBIのコミー元長官の証言ではトランプ大統領が捜査中止を求めたのは確かなようですが、実際に妨害行為を行ったかは定かではなく、市場に影響はありませんでした。こちらは今後もそこまで重要視すべき問題ではないかと思います。

一方でイギリス選挙の方ですが、与党の過半数割れ見通しで若干の波乱となっています。まーメイ首相の責任と言えば責任になってしまうかと思いますが、選挙直前に立て続けにテロが発生すればこうなってしまうのも致し方ないのかなと。イギリス選挙の影響でポンド円は一気に円高へ。他のクロス円も円高気味となっています。

1ドル110円、日経平均株価2万円を維持できるかが焦点。この後はSQです。

2017-06-09

【PR広告】

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.