ヒンデンブルグオーメンの点灯が不安を増長か

NYダウの暴落警戒サインと言われるヒンデンブルグオーメンが6月2日に点灯。これが一部で話題となりましたが、日経平均株価は2万円を超えたばかりということでそこまで重要視されていませんでした。

ただ、そこに今日の下落が来てしまい、日経平均株価は重要な節目である2万円を割り込んで取引終了。こうなってくるとヒンデンブルグオーメンを重要視する動きが強まりそうです。

不安だから一旦投げておこうという動きが明日以降、加速するかもしれません。そうなってくると再び1万9000円台前半まで押してしまう可能性も。

日本株以上に過熱感のあるNYダウ、一旦大幅な調整が来てもおかしくはありません。ヒンデンブルグオーメンの精度は7割以上とのこと。注意しておいたほうが良さそうですね。

2017-06-06

【PR広告】

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.