5月の為替予想

5月の為替相場は円高、円安のどちらへ動くのか。ファンダメンタルズとテクニカル、両方の視点で見ていきたいと思います。

ファンダメンタルズでの為替予想

5月前半にはFOMCと米雇用統計が控えています。どちらも日本は祝日で休場ですが、ニューヨークや為替は動いているので注目しておく必要有り。利上げ観測が後退する可能性は低いと思うので、米雇用統計で余程の悪化がなければ円安要因になると予想します。

トランプ大統領の減税政策も重要。法人税を15%まで引き下げるとなれば、更なる強いトランプラリーが始まると思います。ただ、これをアメリカ国民や反対派議員がすんなり呑むとは思えず、苦戦すれば失望からの株安、円高要因になるうる可能性も。現時点では期待感から円安要因になると予想します。

懸念材料としては北朝鮮問題。この週末でも北朝鮮が再びミサイルを発射するという行為に出ています。アメリカ、中国が揃って経済制裁を強めれば更なる反発を見せる可能性も。これはどう考えても円高要因になるかと。

ただ、総合すれば米経済の好調さを背景にリスクオンで円安が進むのではないかと期待しています。

テクニカルでの為替予想

ドル円の日足を見ると直近は円安に動いたので上昇トレンドに切り替わりつつありますが、それでも75日線や100日線といった長めの移動平均線は下向き。週足も下降トレンド継続と見るのが妥当でしょう。1ドル115円まで行かずとも、せめて114円を超える円安でなければ上昇トレンドに切り替わったとは言えません。下降トレンド継続中、再度の1ドル110円割れも覚悟しておいた方が良さそうです。

総合的な為替予想

ファンダメンタルズを見ると円安要因の方が多くありそうな気がするのですが、大きなリスクがなくなるまでは完全な円高脱却にはならないと予想します。5月はテクニカル優勢の為替相場と判断し、トータルでは円高に動くだろうと予想します。

2017-04-30

【PR広告】

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.