日経平均株価は久しぶりの反落。下げても強い印象!

日経平均株価は5営業日ぶりの反落となり、37円安の1万9251円で取引を終えています。下げはしましたが、寄り付きからは下げ幅を縮小しており強い動きは継続。

ここまでの各社決算が好調ということもあり、リスクを回避するような動きが少なかったと見られます。

懸念されていたフランス大統領選挙第一回投票、北朝鮮問題を通過したのも大きなプラス要因かと。

相場は底堅く、個別も強い銘柄が目立ってきていますが、それでも何度も書いているように、5月相場は警戒だと見ています。

韓国大統領選挙で北朝鮮問題が再燃する可能性有り。また、フランス大統領選挙もアメリカ同様、どんでん返しでルペン候補が勝利となれば市場は混乱するかと思います。

利益の出ているものは出来る限り、明日とそしてゴールデンウィークの半ばで整理しておくのがよろしいかと思います。

2017-04-27

【PR広告】

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.