防衛関連銘柄の買いはまだ継続か。北朝鮮国内のイベント一巡まで

6208 石川製作所

6946 日本アビオニクス

4274 細谷火工

3161 アゼアス

8226 理経

7980 重松製作所

7721 東京計器

3409 北日本紡績

7963 興研

6203 豊和工業

7980 重松製作所

6751 日本無線

より一層、防衛関連銘柄への資金流入が加速しているようです。出遅れ気味だった防衛関連銘柄、防衛ではなく防災関連銘柄よりのものにまで幅広く資金が入っている状況。

いつもなら早々に行って来いとなってしまうテーマですが、今回に関しては様子が違うようです。

北朝鮮で様々な催し、イベントが控えており、そこで軍事力を誇示するミサイル発射が行われるのではとの噂が広がっています。このタイミングだと打ち上げ花火一発でもアメリカが敏感に反応し、攻撃に移ってしまう可能性すらあります。

北朝鮮国内でのイベントが一巡するまでは防衛関連銘柄の買いは続くのかなと。買いが続かないとしても下げ渋る可能性は多いにあると思います。

2017-04-12

【PR広告】

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.