1万9000円↓での攻防…

前引けでの日経平均株価は+51円。1万9000円台回復が期待されていましたが、終始そこに届かずの値動きでした。

この水準で揉み合いになると1万9000円の回復が遠のいてしまいそうです。米雇用統計を控え、更に様子見やポジション調整の動きが強まると考えれば、上よりも下への動きとなってしまうかもしれません。

マザーズ指数も相変わらずのマイナス推移。米雇用統計でサプライズでも出ない限り、買いは控えたほうが良さそうな雰囲気です。特に新興市場は要注意。

2017-04-05

【PR広告】

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.