日経平均は3日ぶり反発!一時は節目の1万9000円台を回復する場面も。

後場は一時節目の1万9000円台を先物主導で回復したんですが引けにかけ失速。後場に上げに関しては、売りポジションを先行させていたヘッジファンドなど短期筋が下値の堅さを見て巻き戻しに動いとの観測も。

強いようで弱い展開でやり難いですね。今晩は米3月ISM製造業景況指数が発表、今週は他にも雇用統計など控えており、無理して触る必要なし!もうちょっと落ち着いてからポジションを取りにいったほう良いのでは?と、個人的には思っています。

注目では、ちょっと勢いの薄れてきた3793 ドリコムが本日下落と・・・申し訳ありません。ゲーム株は他にも崩れてる銘柄が多くしばらくキツイ展開が続くか可能性も。本日大きな日足下髭付けてるだけにここから再度上昇となってくれれば良いのですが。

他の注目銘柄の3556 リネットジャパン、3962 チェンジに関しては。リネットジャパンはボックス相場の下限からの戻りを引き続き期待。3962 チェンジは5800円の節目を下値サポートに考え注目は継続したいと思います。

直近IPOは後場に書いたソレイジア除いて前場一時ストップ高の銘柄などが失速。先週から続いた直近IPO人気も一段落の恐れあり!警戒しておきましょう。

 

2017-04-03

【PR広告】

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.