オバマケア代替法案撤回!否決よりはマシとの判断か?

昨夜注目されていたオバマケア代替法案の採決ですが、法案が撤回されたので採決自体が行われませんでした。

事前予想では否決される可能性も高いと言われており、それが株安・円高というリスク回避の動きに繋がっていました。確かにいろいろな情報を見る限り、可決の可能性は薄かったのかもしれません。

勝てない勝負はしない

プライドを捨ててこの策を取ったことは結果としては良かったようです。

もしも代替案が否決されていればトランプ政策が一気に後退し、株安・円高が更に加速していたと見られます。

代替案を出せなかった時点で負けは負けなんですが、正確な負けではなかったということで市場はギリギリセーフの判断を下しています。

その後にオバマケア代替法案は後回しにし、減税政策を積極的にしていくとの報道で少し持ち直したという見方もできますかね。

短期的にはなんとか踏み留まることができましたが、トランプ政権の脆さが出始めたとも見ることができます。楽観視はできません。

2017-03-25

【PR広告】

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.