日銀のETF買いなければ1万9000円割れか?

本来なら配当権利日間近ということで下げ渋る展開かと思いますが…。先ほどの記事でも書いた通り、アメリカ大統領選挙以降、調整もなくここまで来てしまったのが売り要因になっています。流石に一旦は大きく下げるだろうと思いつつも、それがないままここまで来たので絶好の売り時となってしまっているのかもしれません。

先週、3営業日連続で日銀がETF買いを行ってしまったことで今週前半は出動しないだろうとの思惑も重なってしまっています。TOPIXの下げ幅が1%超となっており、昨年であれば入ってきてもおかしくはない水準ですが…。このまま日銀のETF買いがなければ後場で一気に1万9000円割れというパターンも考えられそうです。

2017-03-22

【PR広告】

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.