円高、株高の展開はありえるのか?

先週の記事では「円高、株高の展開になるかも」と書きましたが、冷静に考えるとやはりその可能性は薄いのかなと思ってきました。

FOMC後は円高に動きつつも日経平均株価は持ち堪えており、そういった可能性もあるのかなと思っていたのは確かです。

ただ、今の日本株が上がっている最大要因は円安であり、この前提が崩れれば、やはり日経平均株価も調整に入るしかないと考えられます。FOMC後の3日間、日経平均株価が持ち堪えていたのは日銀のETF買いもあってのこと。これがなければ1万9000円台前半まで押してたかもしれません。

FOMC、G20通過となる為替相場、これでもしも115円を超える円安とならず、逆に110円付近まで円高が進むのであれば日経平均株価も2万円回復が遠のき、1万9000円付近、もしくは割れるところまで調整になる。このごく当たり前の予想に切り替えさせていただきたいと思います。

2017-03-19

【PR広告】

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.