利上げがあっても為替は円高へ

東京市場が引けた後、16時半過ぎでドル円は1ドル113円を割り、112円台に突入となりました。FOMCの利上げ発表前が114円台だったことを考えると若干の円高ですね。

アメリカの利上げが最大の円安材料だったわけですが、それを織り込み過ぎていたようです。こうなってくるとドル円相場はずるずると円高へ行ってしまうかも。

一方、為替と日経平均は連動しないパターンも考えられます。実際、今日の動きはその傾向がありました。明日以降も円高、株高という展開も十分考えられます。

2017-03-16

【PR広告】

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.