良くも悪くもトランプ相場

11月のアメリカ大統領選挙以降、トランプ相場、トランプラリーと言われる上昇が続いていました。

今年に入ってからはさすがに息切れ、一旦の調整となっており、更に就任前演説での相変わらずさを披露したことで株高、円安にストップをかけてしまいました。

中国、メキシコ、そして日本、極端に貿易不均等を嫌い、関税増を訴えています。大統領就任後、この政策へ本気で取り組むこととなればグローバル展開を進めてきた企業には痛手となりそう。できればアメリカだけの利益ではなく、世界全体の経済成長を考えて欲しいところですね…

このまま保守路線で行くとなれば、やはり自動車関連銘柄、電気機器関連銘柄といった輸出中心の企業は厳しくなってくるかもしれません。

来週のトランプ大統領就任で日経平均の上昇にストップが掛かってしまう恐れもあります。

2017-01-13

【PR広告】

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.