日経平均株価は下げ幅縮められず。円高も加速!

日経平均株価はピーク時よりは若干下げ幅を縮小したものの、結局は229円安で1万9200円回復とはなりませんでした。

前夜のトランプ大統領の演説に影響しての動きかと思いますが…。今後のパターンとして、NYダウは上昇、日経平均株価は下落という展開が予想されます。これまでの定説が通用しなくなってくるかもしれませんね。

本気でアメリカ国外からの輸入には高い関税をかけようという決意もあり、自動車関連銘柄を中心に輸出株は苦境となる恐れがあります。これで円高に進むとトランプ相場で上げてきた分が帳消しとなってしまうかもしれませんね。

今月は様子見、慎重な取引が懸命かと思います。

2017-01-12

【PR広告】

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.