日経平均株価は前場引けにかけて下げ幅を縮小

300円超の下げ幅だった日経平均株価ですが前場の引けにかけてマイナス245円程度まで下げ幅を縮小しています。

マザーズ指数の方もやや下げ幅を縮小しているものの、900ポイントが遠のいてしまっており、新興市場の回復には少し時間がかかりそうです。

こうなってしまうとよほど状況が動かない限りは大統領選挙が終わるまで日経平均株価1万7000円以下、マザーズ指数900ポイント以下で推移することになってしまうかもしれません。

2016-11-04

【PR広告】

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.