日経平均はかろうじてプラス。需給は改善傾向か

出来高、売買代金は安定してきましたね。東証1部の売買代金2兆円が続いています。

日銀会合は無難に通過、FOMCもおそらくは年内利上げに言及する程度で予想通りの内容になるのではないでしょうか。米雇用統計も急激な変動がなければ影響は限定的かと思います。

怖いのはトランプ大統領誕生だけですかね。クリントン氏を応援しているというわけではありませんが、相場への影響を考えれば無難にクリントン大統領で落ち着いてくれればというところです。相場の急落覚悟、話題性だけを考えればトランプ大統領も面白いのですが…。

円安傾向なので日本の市場はリスクを取る方向に動いています。年内どこかで急落があるのか、それともすんなりと年末も上がっていくのか。まだ安心はできない気がしています。

2016-11-01

【PR広告】

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.