金融会合前の調整か

日銀会合やFOMC、週末の米雇用統計を控えて調整の動きとなっています。ただ、これらはいずれもサプライズはないだろうと言われており、無難に通過するのではないかと見ています。

相場大きく動く材料としては、やはり来週の大統領選挙になると思います。僅かながらクリントン氏優勢は変わらないと思いますが、いつひっくり返ってもおかしくはない僅差です。

少しキャッシュポジションを高めておき、万が一の急落時に買える準備はしておいたほうがいい気がします。

2016-11-01

【PR広告】

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.