クリントン大統領、12月利上げ、この両方を織り込む動きに

クリントン氏のメール問題で先週末は一時円高へと動きましたが再び105円台への円安となっています。市場は来週の大統領選挙でクリントン氏が勝ち、クリントン大統領が誕生することを織り込みつつある模様。

そしてその後は12月の利上げといった流れに。今週行われるFOMCではその辺に深く言及してくるのではないかと注目されています。

本来であれば利上げは株式市場を押し下げる材料ですが、既に何度もするすると言ってきており、ダメージは少ないだろうと考えられます。NYダウの強い動きを見れば分かりますね。

日本にとっては大統領選挙が無難に通過となり、あとは予定通り12月に利上げが行われることが理想ではないでしょうか。波乱なくいけばいいのですが…

2016-10-31

【PR広告】

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.