米大統領選、二度目の討論会もクリントン氏優勢か

トランプ氏が盛り返しを見せるのではと言われていましたが二度目の討論会もクリントン氏優勢で終了となりました。

数年前のテレビ収録の合間で拾われた録音記録が女性軽視に当たるのではないかとの指摘を受け謝罪することになったトランプ氏。これが攻め材料となってしまい終始劣勢となってしまったようです。

市場はトランプ大統領よりもクリントン大統領に期待しているようで為替はやや円高。今夜のNYダウも悪材料がなければ好調推移となるのではないでしょうか。

2016-10-10

【PR広告】

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.