日銀金融政策「総括的な検証」の検証

昨日の日銀会合ではこれまでの金融政策、量的緩和やマイナス金利導入に関する「総括的な検証」が行われました。

達成できていない物価上昇2%目標は継続していくとのことですが反省点、具体策に関して、個人的には微妙だった気がします。

ETFや債権購入に関しては市場や企業への影響を抑えることを前提とし「量から金利」への政策にシフトした模様。具体的にはETF買いはTOPXI連動型へ移行、債権購入額は金額を定めず、長期金利がマイナスにならぬように誘導していくとのこと。また、マイナス金利の深堀も金融機関への影響を懸念し見送られました。

投資銀行のアナリストコメントを見ると「新しい政策は金融引き締め政策ともとれる」との意見もありました。

黒田総裁は金融政策の手詰まりを否定していますが、内容を見る限りではどう見ても手詰まり感が出ているような…。

21日のザラ場は日銀金融政策を好感し円安、株高でしたが引けてからは一気に売り優勢となってしまっています。勿論、その後のFOMCに備えてリスク回避もあったと思いますが、海外機関はシビアに見ているということかもしれませんね。

そもそも物価上昇目標が達成できていない理由を「原油安」「消費増税」「新興国リスク」としてしまえば一生達成できなくても仕方ないということになってしまいます。今後も原油安の懸念はあり、消費税10%へのアップも控えています。それらが理由なら今の日銀ではお手上げなので委員を総とっかえするしか手はないかもしれませんね。

年内利上げで出口戦略を模索するFOMCとの差は開いていきそうです…。

2016-09-22

【PR広告】

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.