日銀会合の好感も虚しく、FOMCの利上げ見送りを折り込みに行く展開…

東京時間では日経平均株価315円高、ドル円も102円台半ばまで動きましたが18時過ぎ時点では先物下落、ドル円も再び101円台半ばの円高推移となっています。

日銀会合ではマイナス金利の深堀もなく、債権市場への悪影響も抑えるといった内容となり、これを好感する動きとなりましたが…。利上げ見送り濃厚なFOMCを前に円安への動きは無理があったようです。

今はまだ手放しで喜ぶには早すぎる状況。FOMCの結果をしっかり見る必要がありそうです。

ただ、何度も言っていますがFOMCで下がったところは絶好の買い場というスタンスです。10月が下落相場という見方も多いようですが個人的には来月は上昇期待となります。

2016-09-21

【PR広告】

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.