日経平均株価は315円高!予想外の急上昇!

日銀会合は金融政策の現状維持を発表。長期金利がマイナスにならないよう0%程度に誘導との項目が追加された形ですがサプライズはなかったかと思います。ただ、懸念されていたマイナス金利の深堀がなかったことで銀行株が買い戻され、日経平均株価の上昇に繋がったかと思います。

とりあえずは315円高で1万6800円台を回復。再び1万7000円が見える状況となってきたことで一安心といったところでしょうか。

あとは今夜のFOMCも無事に通過してくれればいいのですが…。今日の上げ幅を完全払拭してしまうような展開だけは避けて欲しいですね。

おそらくは利上げを見送るFOMCですがそこで過度の円買いとなれば1ドル100円割れの懸念も。ただ、年内利上げにはしっかりと言及してくるはずなので大きく動くようなことはないかもしれませんね。むしろ「年内で必ず利上げします」といったニュアンスの発言があれば円安へ動く可能性も十分にありえます。

市場は既に9月利上げ見送り、12月利上げ実施を折り込んでいるので想定内の動きとなってくれることに期待ですね。

2016-09-21

【PR広告】

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.