日銀会合「総括的な検証」への期待感は?

この後、日銀会合の政策金利が発表されます。追加緩和か現状維持かは勿論注目といったところでしょうか。

また、もう一つの注目ポイントは今回行われる「総括的な検証」です。正直、この「総括的な検証」で良い報告があるのではと期待している人はほとんどいないかと思います。

異次元の金融緩和、黒田バズーカ第一弾から既に3年以上、目標とした物価上昇2%は未達成どころかほぼ効果が出ていない状況です。消費増税、原油安といった外部環境を理由に挙げている限りは今後の良策も見込めないような気がします。

どのような言い方で「総括的な検証」を発表しても言い訳臭くなってしまうかもしれませんね。

とりあえずそこはあまり期待せず、次なる緩和策に市場は期待しているかと思います。

2016-09-21

【PR広告】

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.