日銀会合前、様子見色強い。ただ、押し目狙いは強気

NYダウもFOMCを前に小幅な値動きでした。日経平均株価も同じような感じで様子見のようです。

日銀会合もFOMCも、どちらも今回はポジティブサプライズは期待できないかと思います。ただ、ネガティブな材料もほぼ折り込んでいるような感じなので急落という可能性も低いのではと個人的には見ています。

利上げが見送られ、次の利上げへの言及がなかった場合は1ドル100円割れという円高も覚悟しなければなりませんが、流石に12月の利上げ期待が高まればそこも大丈夫なのかなと見ています。

今日、そして金曜、下げたところは絶好のエントリーポイントになるのではないでしょうか。

2016-09-21

【PR広告】

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.