日経平均株価は反発するも様子見色の強い一日か

3連休前、日米の金融政策決定会合前ということで買いに行き辛い1日となりそうです。個人的にはこの辺りで一旦下げ止まるのではないかと見ていますが日銀会合で追加の緩和策が出なかったり、FOMCで利上げが正式に見送られれば少なからず失望売り、円買いが起こるかと思います。そうなれば1万6000円割れも当然ありえます。まーそのリスクを考えれば今日は様子見が正解なのかもしれません。

2016-09-16

【PR広告】

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.