マザーズバブル終焉か…。900のサポートを割ってしまう。

新興市場が危なそうということでマザーズ銘柄を注目に挙げるのは避けてきましたが今週遂にマザーズ指数が節目となっていた900ポイントの水準を割ってしまいました。

2016年のマザーズ指数はこの水準からスタートし、4565 そーせい、3914 JIG-SAW、3653 モルフォなどの盛り上がりが市場全体を牽引し、一時1200ポイントを突破しての上昇。ただ、そこがピークでした。

下落原因は3914 JIG-SAW、6176 ブランジスタ、4589 アキュセラ・インクに悪材料や決算悪化などが出たことで投資家心理が冷え込んでしまったことなどが挙げられます。直近では時価総額が高くマザーズ指数寄与度の高い7779 CYBERDYNEへの空売りファンドレポートに影響を受けてしまっているようです。

正直、新興市場に回復兆し、好材料は見当たりません。4565 そーせいにビッグIRが出てくれること以外、この悪い流れを断ち切る術はないのではないでしょうか。4565 そーせいがなんとか持ち堪えているのでマザーズバブルが完全に終わったとは言えませんが、この流れで新興銘柄狙いは危険かと思うのでしばらくは様子見するしかありませんね。

2016-08-27

【PR広告】

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.