前回並みの米雇用統計となればドル円100円割れ必至か!?

前回は市場予想15万5000人増に対し、結果は3万8000人増と大きく下回りました。今回も前回並みに予想を大きく下回れば利上げ観測もまたまた後退し、円安要因皆無の状態となってしまいます。また、まさかの利上げどころか追加緩和となれば1ドル95円まで一気にいっちゃう可能性も…。不安を煽るわけではありませんがありえない話ではないので注意が必要です。今夜の雇用統計はなんとかいい数字を期待して欲しいですね。

2016-07-08

【PR広告】

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.