後場一段高で日経平均はほぼ高値引け!

日経平均186円高と続伸と、手掛かり材料難から後場は前場終値付近でもみ合うも引けにかけ一段高!引けにかけ為替もやや円安に傾いたことが要因でしょうか?

引け後も更に円安方向に傾いており、このままいけば明日も主力中心に期待できそう。そして明日は1-3月期のGDP発表控えてますのでまずは発表後の市場の反応に注目。明日のGDP下振れた場合は、消費増税見送り&政策期待につながりやすいですが直近の上昇はこれを織り込んでの上昇の可能性もあるので注意が必要となってくるかと思います。

また、前日には人気銘柄がほぼ揃って急落となりバブル崩壊が心配されたマザーズ市場。 4565 そーせいが切り返したことでマザーズもやや復活。

中には6176 ブランジスタが一時剥がれるも再度ストップ安に張り付くなど酷い銘柄もありましたが、一方で6182 ロゼッタ、3932 アカツキ、6081 アライドアーキテクツなど強い銘柄も再度出ているのでなんとか崩壊は回避したものかと思われます。もちろん油断は禁物。日替わりでの物色の対象も変わりやすいのでなるべく持ち越さず、短期売買(デイトレ)中心が良さそうですね。

2016-05-17

【PR広告】

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.