今度こそ大丈夫か!?金融機関へのマイナス金利適用!

前回、マイナス金利を導入した際は金融機関(民間銀行など)が日銀に預けている預金、当座預金にマイナス金利を課すというものでした。これには今まで受け取っていた利子が受け取れなくなるとの見方で銀行株が一斉に売られた経緯があります。

逆に今回の「金融機関の貸し出しにマイナス金利を適用」といった内容は日銀が民間銀行に貸し付ける際、利子は取らずにマイナス金利を適用することで実質的な補助金を出すという仕組み。これで今度こそ民間銀行は日銀にお金を借りてでも企業への貸付を行うようになります。

前回は実質付与していた補助金をカットするというマイナス金利の導入。そして今回観測されているのは民間銀行が日銀からお金を借りれば借りるほど得をするという、実質的な補助金復活と見ることもできます。

これが実際に行われるかどうかは来週の日銀会合、27日28日に分かるかと思います。

なんだかここ最近、銀行株がやたらと買われていた印象がありましたが…この観測が関係していたのでしょうか。…謎ですね。

まーいずれにせよ、前回はあまり効果的ではなかったマイナス金利政策、今度こそ上手く回って欲しいですね!

2016-04-22

【PR広告】

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.