1万6000円、110円の回復はまだ遠いか

これだけ円高が進んだにしては良くできた日だったのではないでしょうか。1万6000円の回復とはならず、為替も109円にすら戻っていませんが、それでも続伸で今週の取引を終えられたのは評価できることかと思います。

今日は9983 ファーストリテイリングが大幅安、6954 ファナックが続伸と主力株も明暗分かれる日でしたが、マザーズ市場は4565 そーせいグループが引っ張り絶好調。バイオ関連銘柄一色の一週間だったと言っても過言ではないでしょう。

来週も主力、テーマ株はやや厳しいかもしれません。為替が急激に円安へ動くというのも今のところは考え辛いのでもう少し調整が続くのではと見られます。

無理をせず明確な反転を待つか、好調なバイオ関連銘柄や仕手株の短期売買に徹するか、今週と状況が続くかもしれません。

東京は桜も散りはじめ暖かくなってきました。日経平均株価、為替はまだまだ寒そうですが来週はなんとか頑張って欲しいですね。

それでは今週もお疲れ様でした。良い週末を。

2016-04-08

【PR広告】

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.