原油価格は上か下か

今週はちょっとした会合に初めて参加してきました。そこで個人投資家や証券会社に勤める人、投資顧問やメディア関係の人の話を聞くことができました。

ほとんどの人が相場の流れは依然として下、月曜に反発があってもまだまだ下を探りにいくだろうと見ているようです。仕手株で怪しいのはいくつか出ましたが今の相場では仕掛けも厳しいらしく、おすすめ銘柄の話はほとんどありませんでした。

個別は絶望的との意見で一致していましたが、原油価格に関しては少々意見が別れていたようです。20ドル割れ、更には10ドル割れもありえるという意見もあれば、産油国の動きが減産同意に向かっているのではないかという話もありました。また、あまりにも下げ過ぎなのでこの辺で買っておけば中長期では助かるだろうという意見も。

個人的には多少の反発、35ドルや40ドルへの回復があったとしてもその後はまた下に行くだろうと思っています。50ドルの回復よりも20ドル割れの方が可能性が高い。あとは多少の反発が株価へどう影響を及ぼすかだと思います。もしかしたら30ドルを回復しただけでももう安心と判断して株価の大幅上昇要因になるかもしれません。

原油価格以外にも欧州のドイツ銀行、そして中国の経済状況など、様々な要因が絡み合っての株安なので原油価格だけを見ても仕方ありませんが、とりあえず原油動向は皆さん最も注目しているようです。

2016-02-14

【PR広告】

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.