本当に散々な一週間でした。日銀のETF買いが邪魔に…

今日の日経平均は760円安で1万5000円を守りきれず終値1万4952円で取引を終えました。月曜日に1万7000円を付けていたのにあっと言う間の出来事でしたね。本当に散々な一週間と言うしかありません。

そもそも先週の米雇用統計がイマイチの結果となり、NYダウが下げ、ナスダックも1年3ヶ月ぶりの安値を付けたのに、週明け月曜日の日経平均株価は200円近いプラスとなり1万7000円を回復しました。これは恐らく、日銀のETF買いによる部分も大きいと思います。この日がETF買い発動条件に完全マッチしているならともかく、調べてみると一部条件にマッチしていましたが不足している部分もありました。そんな中でETF買いを強行し、個人の買いを誘発し、機関に売り場を与えた日銀の罪は重いですね。

これら全て単なる個人的な意見、落書きみたいなものなんですが、無理なETF買いを続けると

「マイナス金利が失敗だったと思われたくない」

と日銀が相場操作に乗り出しているような印象を持たれかねません。そういう風に思われない為にもあまり強引なETF買いを続けるのはどうなのかなと思いました。

下げる時は仕方ありません。無理に相場に逆らい底打ちを遅らせ、個人投資家に淡い期待を持たせるようなことがないような戦略を取って欲しいですね。

まー実際は戦略だとか失敗と思われたくないとか、そんなことなど日銀は一切考えずに機械的にETF買いを行っているだけだと思うのですが。。

週末、東京は春並みの気温になるそうです。相場の春は暦通り来月辺りになるでしょうか。今週も波乱の相場お疲れ様でした。

2016-02-12

【PR広告】

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.