日経平均株価、年内2万円復帰は厳しいか!?

金曜に行われた日銀会合、「量的・質的緩和の補完措置」が大ハズレ。ETF買いの継続や銀行保有株の売却完了期間の延期など、引っ張ったわりには内容スカスカで手詰まり感満載というのが失望売りに繋がってしまったようです。

今年は郵政上場、第三次安倍内閣のスタート、1億総活躍社会へ向けて始動と材料はあったと思いますが黒田バズーカ第一弾、アベノミクス始動のインパクトを超える政策を打ち出すのは厳しいでしょう。そうなると次はどういったカンフル剤を用意できるか、2015年の課題となってきそうです。

現状だと年内2万円台は厳しいのかなと思っています。流石に年明けは海外資金も戻ってきて再び上昇が続くと思いますが。

大納会までは無理せず中長期で見れる銘柄を仕込んでいくのがいいかもしれませんね。あとは勢いのあるフィンテック、民泊をデイで回すことくらいですかね。

2015-12-20

【PR広告】

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.