ECBの追加緩和失敗か…

追加緩和もやればいいというわけではないようですね。中途半端に行ってしまうと市場に失望を与えてしまう結果となってしまいます。

昨日のECB理事会での追加緩和は債権等の資産買いいれプログラムの期間延長といった内容、サプライズ感の期待感もなく失望売りに繋がりました。

それを受けて本日の日経平均株価も300円以上の下げ。2万円が遠のいたことで調整懸念で更に売りが入ってくる可能性があります。

市場を盛り上げる為に行った追加緩和が裏目に…。更に今夜は米雇用統計。内容次第では12月の利上げ決定という可能性も大いにあります。そうなると更に売りが加速する恐れも。米雇用統計は良くても悪くても大きな影響を与えそうです。

2015-12-04

【PR広告】

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.