7312 タカタ、6502 東芝、3407 旭化成、悪材料はいつ出尽くしか!?

7312 タカタ

6502 東芝

3407 旭化成

悪材料が出ている上記3銘柄、いずれも日本を代表する大企業なので今後どういった事態となるか注目する必要があります。

先週、ホンダがタカタ製エアバッグ部品の採用中止を発表し急落となった7312 タカタ。週末にはトヨタ、日産も相次いで部品の採用中止を発表し底なしの展開となっています。製品全てを中止するわけではなくあくまでも一部の部品に関してですがそれでもタカタの今後に大きな影響を与えるのは必至と思います。

異例の土曜日決算発表となった6502 東芝は4-9月期決算で900億円以上の赤字を発表しました。同時に旧役員5人へ対し損害賠償請求を行うとしましたが3億円という額では焼け石に水と言うしかありません。6753 シャープ同様の道を辿ることとなってしまうのか…それともこれを機に運営改善し、復活を遂げることができるのか、週明けの株価にも勿論注目です!

こちらは他2銘柄とは若干雰囲気が違いますが3407 旭化成の子会社、旭化成建材の杭打ちが不十分ということで横浜のマンションが傾いてしまった問題。まだ解決には至っておらず、今後更に問題が拡大してしまう可能性もあります。どれだけの損害規模となるのか今後の情報は重要になってくるでしょう。

以上3銘柄、今は決して買いにいけるようなタイミングではありませんがいつか復活を果たしてくれることを期待したいと思います。

2015-11-08

【PR広告】

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.