G20で世界同時株安は収束するのか!?

結論として、今回のG20は株安に対して大した歯止めにならないと思います。

内容としてはアメリカに対して利上げをするならばダメージの少ないタイミングを模索し慎重に行って欲しいということ。その他の国には利下げや通過切り下げなどで自国の通貨安を促す競争にならないように注意すること。

大きくはこの2点ですかね。

この内容だけで週明けの相場がガラっと変わるような気は全くしません。今回の下げは短期調整で終わらず、長期化することも考えなければならないかもしれませんね。

2015-09-06

【PR広告】

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.