ギリシャ議会、チプラス政権は譲歩案承認。結局は緊縮策丸呑みか!?

率直な意見として、チプラス政権は無責任過ぎるのではないかなと。

・外食向け軽減税率の廃止
・年金支給開始年齢の引き上げ
・法人税率引き上げ幅の抑制
・離島の軽減税率廃止
・年金の貧困層向け上乗せ支給削減
・防衛費削減

事実上の緊縮策を結局はほぼ呑んだ格好となります。

こうなるとあの国民投票はなんだったのかなと誰もが思って当然ですよね。

交渉のカードとして国民投票や民意をチラつかせたかったのでしょうけどドイツ、フランスは全く動じず、結局は全ての手札を晒してしまったチプラス政権の完敗といった印象です。チプラス首相を信じて投票した国民も散々でしたね。こういう動きをするなら最初から緊縮策を受け入れ、支援を受けていれば月末の銀行業務停止も免れたと思います。

チプラス首相のせいで世界の市場が翻弄され、何よりもギリシャ国民が迷惑を受けたような気がします。

この話がまたこじれたり、譲歩案を反故にしユーロ圏離脱という最悪な結果にならないことを願いたいところです。

2015-07-11

【PR広告】

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.