初心者の為の株式用語 【わ】行まとめ

株取引初心者の為に株式用語をまとめてみました。仕手株の場合、隠語を使うことも多く、初心者にはわかり辛い言葉も多々あります。こちらの用語集を参考に記事を読んで頂ければと思います。

【わ】行の株式用語

【わ】行の株式用語

・割引債

文字通り割引された金額で購入する国債のことです。

例えば、利率10%の額面1万円の割引国債を購入する時の金額は、9,000円で、受け取る際の金額は額面どおりの1万円になります。
その国債に対してもらえるはずだった利息を先に割り引いて(その分安くして)購入する国債のことです。
・ワラント

定められた期間内(行使期間)又は、無期限に
あらかじめ決められた価格(行使価格)で発行会社の
株式を買付けすることができる権利です。
別名を新株予約権証券といいます。
この権利が付けられた社債を
「新株予約権社債」といいます。
・ワラント債

新株引受権付社責のことで、債権者に社債発行会社の

新株引受権が付けられた社績のことです。

社債権者は、新株引受権(ワラント)を使用して

発行会社の株式を手に入れることができ権利を使用した

結果、社債額面に対して与えられる新株引受権の割合を

付与率といい社績部分とワラント部分は、切り離された

状態で売買されるのが普通です。
・割高株

いろいろな投資基準の角度からみて市場の平均値と

比べてみて価格が高いと判断された銘柄や過去の

株価水準からみて現在の水準の価格の方が高いと

判断された株式のことをいいます。
・ワイドオープン

市場での買値と売値の間に、もっとも大きな価格差が生じている状態のことをいいます。
・割引国債

国が発行している債券は大きく分けて、利付国債と割引国債がある。 割引国債は、利子に相当する金額が額面から割り引かれて発行され、償還時には額面金額を受取ることができる国債である。期間は3年または5年となっている。

2012-09-15

【PR広告】

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.