初心者の為の株式用語 【は】行まとめ

株取引初心者の為に株式用語をまとめてみました。仕手株の場合、隠語を使うことも多く、初心者にはわかり辛い言葉も多々あります。こちらの用語集を参考に記事を読んで頂ければと思います。

【は】行の株式用語

【は】行の株式用語

・パー

債券の値段が額面と同じであることをいいます。

額面よりも低い価格で債券が取引される場合は「アンダーパー」、逆に、額面よりも高い価格で取引される場合は「オーバーパー」といいます。どちらで買っても、償還金は額面どおりなので、アンダーパーで買ったときは「償還差益」が得られ、オーバーパーで買ったときは「償還差損」が生じます。
額面よりも低い価格で債券が取引される場合は「アンダーパー」、逆に、額面よりも高い価格で取引される場合は「オーバーパー」といいます。どちらで買っても、償還金は額面どおりなので、アンダーパーで買ったときは「償還差益」が得られ、オーバーパーで買ったときは「償還差損」が生じます。
・ハードランディング

経済の状態が急激に次の局面に移ることをいいます。

バブル経済は急激に崩壊し、大きな悪影響を及ぼすことが多く、この変化のことをハードランディングといいます。
・ハイイールド債

格付け機関によってBB以下に格付けされている債券のことです。

格付けがBB以下とは、信用度が低いということであり、「ジャンク・ボンド」と呼ばれることもあります。
将来的に見て、危険度が高い代わりに利回りも高く設定されています。
・配当

株式会社が得た利益のうち株主に分配されるもののことを言います。

配当起算日における株主が受け取ることができ、利益配当請求権により支払われます。
利益の変動、政策的配慮などにより配当の額は変わります。企業の記念行事の一環で配当が増えることもあります。
・売買単位

上場されている株式を取引するために最低でもこれだけは必要という株の数のことです。

一般的に市場で株式を売ったり、買ったりする時には、一定の株数を1単位として売買単位とする「単元株取引」で行われます。
銘柄によって、1,000株を1単位とするものや、100株単位、中には1株単位で取引できるものもあります。
新聞の株式欄で銘柄名の前にアルファベットが書かれていますが、これは売買単位を表しています。
通常はこの単位より少ない株式を買うことはできませんが、ミニ株の登場で単位株取引の10分の1の株数から取引できるようになりました。
・バスケット取引

複数の銘柄をまとめて、かご(バスケット)にはいった1つの商品として、売買することをいいます。

大阪証券取引所や東京証券取引所では、15銘柄以上、売買代金1億円以上の取引を定義としています。実際の売買としては、機関投資家の銘柄入れ替え、インデックス運用の売買などが、該当します。証券会社が、バスケット売買の委託を受ける場合、1つの取引として手数料を設定することが多いようです。
・パフォーマンス

一定の期間に、どれだけ収益が上げられたかという、投資成果のことをいいます。

年率で表されることが多く、大きなリスクで、低い資産増加率ならば、投資成果は低い、少ないリスクで高い資産増加率ならば、投資成果は高いと評価されます。
・早耳

他の誰よりも早く、相場を動かす材料のことを知っていることをいいます。

誰よりも早く材料を知っている人のことを早耳筋、早く材料を知って買うことを早耳買い、逆に売ることを早耳売り、早耳で相場を張って、結果的に損をしたことを早耳損といいます。

かなり高い危険があることを忘れてはいけませんが、早耳買いも株式投資の一つの方法です。
・バリティ

転換社債を株式に転換した場合に、値段はいくらになるかを表したもので、理論価格といわれ、株価から見た場合の転換社債の価値を表す理論上の価格のことをいいます。

計算方法は、株価を転換価格で割って100を掛け算出します。
・バリュー

本来は、価値という意味ですが、証券市場 では、割安のことをいいます。
・ハイイールド債

格付機関によって、格付けされる債券の信用度順位が、 BB格以下に格付けされている債券のことをいいます。
・配当取り

決算期の前に、配当金を取るために買いに出ることをいいます。

株式を所有する期間が短くても、株価が落ち分を埋めて値上がりすれば、半年または、1年間の配当がまるまる手に入るので、期末が近くなると配当取りが盛んになります。
・売買手数料

投資家が証券会社を通して、有価証券の売買をおこなう時に、証券会社に対して支払う手数料のことをいいます。

手数料の支払い方法として、委託売買は、投資家が売買手数料として、証券会社に対して支払います。仕切売買は、委託売買と同じように証券会社に、前もって決められた手数料を支払う場合と、売買値段に手数料が含まれている場合があります。
・売買代金

売買株価に、売買株数を掛けて算出された指数のことをいいます。各々の銘柄で売買代金を算出して、それを総合計した数値が、市場全体の売買代金となります。

市場への資金量や市場動向を把握する為のひとつの指標となります。
・配当割引モデル

各期ごとの1株あたりの予想配当金を、投資家の要求する利回りで、割引いた値の合計が、現在の適正な株価という考え方があります。この値と現実の株価とを比較し、割高か割安かを判断することをいいます。
・配当性向

当期純利益から配当金にどのくらい支払われているかを、百分率で表した割合のことをいいます。

算出方法は、当期純利益を配当金支払額で、割って100を掛けたものです。
・ハンセン中国レッドチップス指数

香港株式市場に上場しているレッドチップス株が対象で、1993年1月4日を1000とした、時価総額加重平均の指数のことをいいます。

指数をもとにした、オプション取引や先物取引などもあります。
・配当控除

上場株式等の配当金の所得を他の所得と合算して、総合課税として確定申告場合、一定の税率を差し引くことができます。このことを配当控除といいます。

配当控除を利用すると、配当金の5~10%程度の税額の控除、還付を受けられる可能性がありますが、所得の高い人が、確定申告して配当控除をうけた場合、申告しない場合よりも不利になる可能性が高いと思われます。
・配当可能利益

決算期ごとに企業が、配当を行うことのできる限度額のことをいいます。

商法では、純資産額から(資本の額、資本準備金、利益準備金、その決算期に積み立てる利益準備金)の合計額を差し引いた額を限度と定めています。
・配当起算日

株式の発行会社が、株主に配当金を支払うための基準日となる日のことをいいます。株主は、新株が発行される際に、それまで所有していた株式数に応じて、配当起算日から日割で配当金を受け取ることができます。
・配当利回り

株価に対する年間配当金の割合を示す数値のことをいいます。1株当たりの年間配当金額を、現在の株価で割って算出します。

企業が、将来的な投資に向けて内部留保を行った場合、配当利回りは低くなります。
・配当落調整金

信用取引で株式を購入すると、配当落ちによる株価下落分の調整で、売り手から買い手に配当金相当金額が支払われます。この売り手と買い手の間で行われる配当金分の調整金額のことをいいます。

これは、配当落ちによる調整で、配当金そのものではありません。税法上でも配当所得ではないので配当控除の対象にはなりません。
・配当異動

当期の配当金額が、前期の実績配当金額と比較検討して、変更されることをいいます。
・配当課税

株式の配当金にかかる税金のことです。

確定申告を行えば、配当控除を利用して、配当金の5~10%程度の税額の控除または、還付を受けられることもあります。
・買収

ある一つの企業が、事業部門の資産や議決権株式の過半数などを買い取ることをいいます。
・配当落ち

株式投資などで配当金を受け取る権利が確定した翌日に、受け取った配当金の分だけ株価が下がることをいいます。

基本的に証券取引所で、売買される株式は、基本的に4営業日目に決済される決まりですが、決算期を迎えた銘柄は、決算日を含む5日前を、株式の保有者が配当を得らえる最終の取引日の為、この翌日に購入された株式は、配当を受け取る権利がありません。
・配偶者控除

納税者と生計を共にする配偶者で、その年内分の合計所得金額が38万円以下の者を有する者に認められている所得控除の一つです。控除金額は38万円で、この金額を所得から差引くことができます。

尚、控除対象配偶者が老人控除対象配偶者である場合48万円、控除対象配偶者が同居特別障害者に該当する場合73万円、老人控除対象配偶者が同居特別障害者に該当する場合83万円を、所得から差引くことができます。
【ひ】

・非時系列チャート

あらかじめ決められた基準以上に株価が変動した時に、右側のチャートを伸ばすもののことです。
代表的な非時系列チャートは「かぎ足」、「新値足」などです。
・品貸料

証券金融会社は、貸借取引を行う際、貸株超過銘柄の時は、機関投資家から入札形式で不足株数を調達します。それにより決定された金額のことをいいます。
・日々公表銘柄

信用取引において、過熱ぎみの銘柄の信用残高を日々公表することをいいます。

過度な取引が行われることを防ぐためや、これを投資家に知せるために、証券取引所が一定の基準に達した銘柄について、公表しているのです。鎮静化すれば指定は解除されますが、沈静化しない場合には、空売り禁止、増し担保規制など規制度合いが厳しくなっていきます。
・日計り商い

その日に同一の取引者が、同一銘柄を空売りし買い戻して決済することをいいます。

現物取引で日計り商いをする場合は、同一銘柄の買い約定代金の合計が、買い付け可能な預かり金を越えた時は、差金決済という禁止された行為に該当するため、超えた部分は受け渡し日までに入金する必要があります。但し、銘柄を変えるのであれば、原則として日計り商いは、無制限に認められています。
・評価損益

保有している有価証券を市場価格で、評価した場合の損益のことをいいます。
・日歩

利率の表示方法で、元金に対して、1日あたりの利息額のことをいいます。
・日々公表銘柄

信用取引において取引される個別銘柄について、過度な取引の防止の為や、これを投資家に知らせる為に、証券取引所が信用倍率などを算出して、一定の基準に達した銘柄を公表することをいいます。

証券取引所によって、どの銘柄が指定されるかは、残高、株価、売買高、特例基準の四つで、判断されます。
・一口注文

株式などの注文にかかる委託手数料は、1注文ごとに必要だが、同じ銘柄の売付けまたは、買付けを複数回行った場合で、ある条件を全て満たしていば、委託手数料が、1つの注文として計算されることをいいます。

その条件とは、次の通りです。

(1) 顧客の口座が同一である。

(2) 同一の銘柄である。

(3) 売付注文同士または、買付注文同士である。

(4) 取引種類が同一である。

(5) 約定成立日が同一である。

(6) 発注方法が同一で、受注日、受注時刻が異なる注文である。
・日計り商い

同一の取引者が、1日の取引時間中に同一銘柄を繰り返し、売買して利益を上げることをいいます。
・人の行く裏に道あり、花の山

株式相場の世界での先人が残した格言で、他人同じ行動をしていては、利益を得られないという意味です。
・美人投票

経済学者のケインズの投資理論で、プロの行う投資は、写真の中から最も容貌の美しい者を選び、その選択が投票者全体の平均的な好みに最も近かった者に賞品が与えられるという新聞投票に見立てた投資方法のことをいい、他の投票者の好みに最も合うと思う写真を選択しなければならないことを意味しています。

株式投資では、市場参加者の多くの人が、美しいであろうと判断する株式を選ぶことが、有効な投資方法であるということです。
・ビッド

売買注文を出す時の、買い手側の希望価格で買いの呼び値のことをいいます。
・ヒゲ

株価などの推移を示すもので、チャートにローソク足があります。その細線の部分をヒゲといいます。

ヒゲには、上ヒゲと下ヒゲがあり、上ヒゲは、一度は高値をつけたが、その後、売りが強まって株価が下がったことを示し、下ヒゲは、一度は下値をつけたが、その後、買いが強まって株価が上がったことを示します。
・日柄

市場用語で、保有している株式の株価が下落してしまった場合や購入予定の株式の株価が買う前に上昇してしまった場合に、いつごろ買えるのかを考えている日数のことをいいます。
・冷え込む

消費者の購買意欲が落ちこみ、社会全体の景気が伸び悩んでいることをいいます。
・ファンド

大勢の人からお金を集め、そのお金で投資などを行うことをいいます。もともとは「基金」という意味です。
不特定多数の人からお金を集め、そのお金を運用し収益を還元するという観点からすると、預金なども、ファンドの1つと言えます。ファンドには幅の広い解釈があります。ただ、『ファンド』というと一般的には『投資信託』という意味で使われることが多いです。
・複利(ふくり)

金利の再投資リターンを考慮したもののことです。

元本に毎年受け取る利息を足した額に金利をかける計算方法で、例えば、100万円を年利10%(複利)で預けた場合の利息は、
1年目の利息=100万×10%=10万円
2年目の利息=110万×10%=11万円
3年目の利息=121万×10%=12.1万円  ということになり、
3年間で33.1万円になります。
これに対して「単利」とは金利の再投資リターンを考慮しない計算方法になっています。
・プットオプション

オプション取引のうち「売ることができる権利」のことを言います。

プットオプションの取引には、買い方(権利を買う人)、売り方(権利を売る人)の両方が存在します。
買いたい人がいても、売りたい人がいなければ取引は成立しません。
売り方は、買い方からオプション料を支払ってもらうかわりに、買い方が権利を行使した際に、それに必ず応じる必要があります。
・ファンダメンタルアナリスト

財務分析をする専門家のことで、内在価値を分析する人のことをいいます。
・節目

投資家が、強く意識している株価水準で、株価チャートを見る上で、重要なポイントのことをいいます。

高値や安値などは、典型的な節目で、売りや買いが出て来やすく、また、1,000円や1,200円など数字の切りが良い水準が、節目として意識されます。節目を越えるとその後しばらくは、その方向に株価が、傾きやすくなる特徴があります。
・ブル

将来的に相場が、上昇すると強気な予想することをいいます。

雄牛のことをブルといい、雄牛の角が上に向かって勢い良く上がっている、その強気な姿をなぞらえています。
・不成注文

各立会時間の終了までは、指値注文として有効な注文方法のことをいいます。

ザラ場で、一部または全部の売買が成立しなかった場合には、前引け、大引けの時点において、残数量を自動的に引け成行注文に変更して執行する条件付きの注文で、ザラ場引けとなった場合は、成行注文は成立しません。
・プライマリーマーケット

発行市場と、いわれ新しく発行される株式や債券などを投資家が、購入するまでの市場のことをいいます。

発行体には、資金調達をするための重要な市場となっています。
・浮動株

安定的に保有されている株式ではなく、市場の変動を予期して利益を得ることを目的として、常に市場で売買されている株式のことをいいます。
・不出来

売買注文は、出したけれどその注文が、成立しないことをいいます。
・物上担保債

債券発行会社が、保有する特定の物的財産たとえば、土地、工場、機械設備、船舶などに、担保が付けられている債券のことをいいます。
・踏みあげ

売り手が、株価上昇に耐えられず損をしても買い戻すこと(踏み)によって相場が、一層高くなることをいいます。
・踏み

株価の値下がりを予測して、信用取引で売建てていたが、予測に反して株価が値上がってしまい、損を承知の上で、買戻しすることをいいます。
・物色買い

企業業績が良いとか、将来性があるなど、材料のある銘柄や、割安の銘柄を探して買うことをいいます。
・物価

すべてのモノを総合的に表した値段のことをいいます。

通常モノの値段は、材料費や人件費、売る側の儲けを上乗せして決められ、供給量より需要量が多い場合、モノの値段は上がるり逆に、需要量より供給量が多い場合、モノの値段は下がという現象がおこります。
・普通分配金

運用開始後も購入できる投資信託(追加型株式投資信託)の収益配当のことをいいます。

株式の配当や売買益などの運用益からの分配金で課税され、20%の税金が源泉徴収されます。
・普通取引

証券取引所内でおこなわれる株式の売買の種類で、売買が成立した日を含めて、4営業日目に決済が行われる証券取引のことをいいます。
・普通株式

株式会社は複数の種類の株式を発行できますが、権利内容に何ら限定もなく、いわば標準となる株式のことをいいます。

日本で現在、発行されている株式は、ほとんどこの普通株式です。
・双子の赤字

アメリカのレーガン政権がおこなった経済政策のレーガノミックスによって生まれた、アメリカの財政収支と貿易収支、対の赤字のことをいいます。
・分離課税

所得のうち、郵便貯金、銀行預金、公社債の利子、公社債投資信託や株式投資信託の収益分配金、株式の売却、貯蓄や投資などにおいて得る所得は、その都度課税されてます。そのことを分離課税といいます。

分離課税には、申告分離課税と源泉分離課税の二つ方式があります。
・含み資産

資産の評価として購入時の価格を会計上基準とする、取得原価主義を元にして算出した資産価値が帳簿上の資産価値を上回っている時、その差額分を含み資産といいます。
・復配

業績が徐々に好転し無配であった企業が、利益が出るようになり、配当を再開することをいいます。

一般的には、復配に転じると、企業業績の回復を織り込むかたちで、徐々に株価も上昇傾向となります。
・賦課方式

その時の現役世代の保険料で、年金支払いに必要な資金を賄う財政方式のことをいいます。

保険料は受給者と現役の比率で決められ、高齢化が進むと保険料は影響を受けます。また、日本の公的年金も賦課方式に、近い財政方式で運営されています。
・フェデラルファンドレート

アメリカの中央銀行システムの加盟銀行は、預金残高の一定割合を連邦準備銀行に預け入れることが義務付けられていて、預け入れる資金が不足している場合に、余剰が出ている銀行より資金を借ります。その際の借入れ金利のことをいいます。
・フェイル

受渡しが実行されないことをいいます。
・風説の流布

株式などの相場を変動させる目的をもって、いつわりの情報を流すことをいいます。

情報等は、市場の信頼性や健全性を阻害するものでり、実際に投資家が投資判断をする際に、誤認してしまう可能性があり、証券取引法で禁じられています。違反者は、懲役または、罰金を科されます。
・ファンドオブファンズ

それぞれの運用方針に基づき分散投資している投資信託を適切に組み合わせて、一つの投資信託にまとめることをいいます。

分散投資されている投資信託を多数組み合わせることで、広範囲な分散を実現してリスクを抑えられることや、付加価値のある投資信託を組み合わせることで、それぞれの付加価値を統合することができるなどの利点があります。
・ファンドアナリスト

専門的な知識や経験をもとに投資信託の分析や評価を行い、投資家に有益な情報を提供する人のことをいいます。
・ブルーチップ

アメリカ株式市場で取引されている優良銘柄のことをいいます。収益性や成長性にすぐれ財務的基盤の確かな企業を指します。

ブルーチップと言われる由来には、、ポーカーに使われている、チップのうち最も高額なチップが青色だったからとか、牛の品評会で優良の査定を受けた牛が、青い布を付けられたからなどの説があります。
・ファニーメイ

連邦住宅抵当公庫のことで、民間金融機関からローン債権を買取り、証券市場で住宅ローン担保証券を発行する業務などをおこなっています。

アメリカの法律に基づいて、市民が容易に住宅取得することを目的として、1938年に設立された政府系金融機関で、1968年に民営化され、1970年に株式がニューヨーク証券取引所に上場しました。
・ファイナンシャル・プランナー

主に個人の保険の見直しや相続税対策、具体的な資産運用の計画を立てなど幅広いアドバイス業務を行う専門職のことをいいます。

金融ビッグバンの流れのなかで最も注目されている専門職ですが、日本ではまだ完全に定着しておらず、完全独立で経営が成り立っているのは、ほんのひと握りに過ぎないのが現状です。
【へ】

・ペイオフ

銀行、信用金庫などの金融機関が破綻した時に、預金保険機構によって保証される額が、 1金融機関の預金者一人あたり元金1,000万円とその利息までで、それ以上の元金、利息は保証されないということです。

2002年4月1日~2005年3月31日までは、決済性預金(水道光熱費の引き落としや、会社取引で使用する口座など)の元本とその利息は全額保護されていたが、2005年4月1日からは、無利息、要求払い、決済サービスの3つの条件を全て満たす預金(当座預金など)以外は全額保証されなくなった。
ペイオフ解禁によって、一般の預金者も自己の責任で金融機関を選ぶ必要が出てきました。
・ヘッジファンド

信用取引などのハイリスク・ハイリターンの商品を使って、絶対的なリターンを追求した商品のことです。
「グローバル・マクロ」「イベント・ドリブン」などの運用方法がありますが、詳細な情報開示が行われていないなどの理由から、誰でも購入できる商品ではありません。
・平均直利

市場全体で、債券の投資元金に対して年間に付く利息の利率を平均した比率のことをいいます。
・ベンチャー企業

事業基盤、財務基盤、収益基盤が、まだまだ弱く若い会社だが、時代のニーズを背景に、新しいアイデアや技術で、急成長していく企業のことをいいます。

東証マザーズができ、一般投資家が初期段階のベンチャー企業に投資することも可能になり、投資家にとって、ベンチャー企業への投資は、リスクも高いけれど成功すれば、何十倍というリターンが得られる可能性があり、ハイリス、ハイリターンの典型的な投資対象となっています。
・変動利付債

市場の動きによって、利率が変わる債券のことをいいます。

その時々の経済、景気情勢によって変わるので、償還期日までの金利は、前もって定めず、利払い日前の金利水準を基準に、支払う利率が決められます。
・ペッグ制

アメリカドルなど特定の通貨と、自国の通貨との為替レートを一定に保つ制度のことをいいます。

輸出競争力のある産業がなく、貿易規模が小さい国などが、貿易を円滑に行うなどの理由から、自国の通貨を、貿易で結びつきの強い国の通貨と連動させています。特定の通貨との為替レートは一定に保たれますが、その他の通貨との為替レートは変動します。
・ヘッジャー

リスクが回避できる、ポジションを保有している投資家のことをいいます。
・変動費

企業が持続して活動していくために、原材料費、外注加工費、販売手数料など、売上高に比例して増えていく費用のことをいいます。
・弁済

信用取引で、新しく買い建てた株や売り建てた株の決済をすることをいいます。

弁済方法には、差金決済と現物決済の二種類があります。
・変動金利

金融機関に預けたお金の金利が、預け入れから満期までの間に、金利情勢によって変動する金利のことをいいます。
・平成景気

1990年代初めのバブル景気、そこから一転して、バブルが崩壊し長い景気低迷へと変動していった、1990年代の日本経済のことをいいます。

経済現象は、必ず関連した事柄として、順序だった現象で起きてきています。
・ベンチャー企業

財務、収益、事業基盤が弱い若い会社だが、新しいアイデアや独自の技術や製品で、急成長していく企業のことをいいます。

この呼び方は、新規に興され、創業からあまり時間が、経っていない企業に対して使われます。
・ベージュブック

FOMC(連邦公開市場委員会)が、開催される2週間前の水曜日に公表され、アメリカの連邦準備銀行が、地域の経済状況をまとめ報告する文章のことをいいます。
・ベーシスポイント

1%の100分の1で、0.01%のことです。

たとえば、70ベーシスポイントは0.7%です。
・ベーシス

先物価格と、その基本となる原資産の現物価格との差のことをいいます。

現物価格から期日の近い先物価格を引いた値で表されます。
・ベータ

市場と個別株価の連動性を表すことをいいます。

個別銘柄の収益率をマーケットの収益率で割って算出します。
・ベイオフ

預金保険機構によって、2005年4月1日以降、金融機関が破綻した場合は、一つの金融機関につき預金者一人あたり元金1,000万円までと、その利息のみ保証され、それを超える元金と利息分は、保証されないことをいいます。

預金者は、自己責任で金融機関を選び、銀行に対する信用リスクを負う時代になりました。
・ヘラクレス

今後の成長性が期待できる新興企業などに、新たな資金調達をすることを目的とし、大阪証券取引所が独自で、運営する市場のことをいいます。

平成14年12月、ナスダック・ジャパンが、大阪証券取引所とアメリカナスダックの業務提携の解消に伴い創設しました。
・ベンチマーク

ファンドマネージャーなどが運用実績を測定し、評価するための基準としている株価指数のことをいいます。

日本の株式の場合は、TOPIX、日経平均などがベンチマークとなることが多く、投資信託の場合は、その運用対象に応じたインデックスが、ベンチマークとなることが多いようです
・ベアマーケット

証券市場の相場の下落が続いていることをいいます。
・ベア

熊のことですが、背中がまるまって下がっているので、その姿をなぞらえ証券市場では、相場が下落すると予想する、弱気な見方のことをいいます。
【ほ】

・ポートフォリオ

投資家が持っている『株』や『債券』などを、それぞれ単体でとらえずに、全て自分の資産としてそれらの有価証券全部を1つのものとし見ること。
例えば、900万円の現金を1つの金融商品で運用していたら、その商品が大きく値下がりした時などに、大きな損害となってしまうのに対し、3つの商品で300万円ずつ運用していれば、そのうちのどれかが値下がりしても、他の2つでその損失を埋められる。という考えを元に作成されています。
ポートフォリオはもともと、「紙ばさみ」という意味でしたが、投資家が有価証券などの資産内容の書かれた紙をそれで挟んで持ち運んだことから、持っている資産がどのように構成されているかを表す言葉になりました。
・保護預り制度

購入した有価証券の本券を、信託銀行や証券会社に預けておくことです。

「有価証券を所有している人」がその証券に対する権利があるとみなされます。
そのため、投資家は盗難、紛失など細心の注意が必要ですが、その危険を回避するために、購入した株券などの有価証券の本件を投資家が持つことは少なく、販売金融機関で預かるのが一般的です。
保護預かりで投資家から預かった資産に対して、販売金融機関は毎月月次報告書を送ります。
・ボラティリティ

証券などの、価格の変動率の大きさを示すことをいいます。

ボラティリティが高いと、値動きの変動幅が激しくなっていることを示し、ボラティリティが低いと価格の変動幅が狭くなり、比較的安定した投資となることを意味しています。債券価格のボラティリティは、短期債券の価格よりも長期債の価格の方が、大きくなる傾向にあります。
・ホールセール業務

証券会社の仕事の中で、大企業を対象とする仕事のことをいいます。
・ホワイトナイト

馬の騎士ともいわれ、敵対的買収を仕掛けられた対象企業を、買収者に対抗して、友好的に買収または合併する企業のことをいいます。

童話などに登場する、白馬に乗った英雄になぞらえて、このように呼ばれています。
・法人事業税

企業の事業活動に対してかけられる税金の一つで、所得に対して課税されている地方税(都道府県の税)のことをいいます。

成16年度から外形標準課税が、資本金1億円以上の法人を対象に導入されることになりました。
・棒上げ

相場が一本調子で、上昇している状態のことをいいます。ローソク足で示した時に、長い陽線が入ることから、こう呼ばれています。

新商品、新技術開発などのニュースが流れると、それを支援材料に株価が急上昇し、買い手が急増して、売り手がいなくなって取引が、成立しなくなる場合もあります。
・ポジション

投資家が、証券をどのような買い建てや売り建てで、行っているかという持ち高状況のことをいいます。
・墓石広告

株式や社債などを発行するにあたって、企業が行う募集広告のことをいいます。
・棒足
株価の変動幅の度合いをひと目でわかるように、高値を上に、安値を下に表記した棒グラフのことをいいます。

1ヵ月、1週間、1日単位で株価の高低を記録したもので、株式投資をする時の1つの指標となります。
・ほふり

株式会社証券保管振替機構の略称名です。

保管振替業を営む者として、法務省並びに金融庁長官から、指定を受けた株式会社です。
・ぼける

株式の市場用語で、上向きに移行していた相場が、いくらか安くなる状態のことをいいます。
・ぼんやり

市場用語で、相場に活気がなく、下落している状態のことをいいます。
・ポイズンピル

すでに存在する株主に前もってオプションを付与しておき、敵対的買収が起こったときに、オプションを実行して、買収コストを増加させたり、買収者の持続比率を低下させることで、買収を困難にすることを目的とする防衛策のことをいいます。

 

2012-09-11

【PR広告】

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.