初心者の為の株式用語 【さ】行まとめ

株取引初心者の為に株式用語をまとめてみました。仕手株の場合、隠語を使うことも多く、初心者にはわかり辛い言葉も多々あります。こちらの用語集を参考に記事を読んで頂ければと思います。

【さ】行の株式用語

【さ】行の株式用語

・サーキットブレーカー

乖離率が一定の水準より大きくなったときや、株式相場の大きな変動があったときに、取引を一時中断するなどの措置のことをいいます。

一時的な株式相場の変動による混乱を避けるため、「値幅制限」や「取引の一時中断」をすることをいいます。
・サイコロジカル・ライン

投資家の心理の動きを数値化し、統計的に判断するための指標のことです。

株価上昇が続けば強気に、株価下落が続けば弱気になる投資家心理を逆手に取って、皆が強気になったら売って、弱気になったら買うという考え方をします。
・債券

利息が確定されていて、あらかじめ決められた償還期間で額面どおりの金額が戻ってくる証券のことを言います。

資金調達のために、国や地方公共団体、政府関係機関、事業会社などが発行するもので、発行者側には、大量の資金を調達できるというメリットがあります。
・債券格付け

債券が発行される際、その元金や利子を発行時の約束どおりに支払われるかを評価してランク付けし、アルファベットなどで表したもののことです。
つまり、債券の信用度ランク付けしたもので、投資家にとって債券購入の重要な指標と言えます。
・債券貸借取引

一定期間、債券を貸し借りしてその貸借料をはらったり、もらったりする取引のことです。
機関投資家のように債券をたくさん持っている場合に、収益チャンスやリスク回避の手段となり、また、債券の流動性を高めるためにも利用できる。
・最終利回り

債券を償還日まで持っていた時、その期間内に受け取る利息と償還差益を足して、投資元本に対して年利何%であるかを表したもののことです。

債券の利回りには、「単利」と「複利」があります。
日本では一般的に利付債は単利、割引債は複利で利率が計算されています。
計算方法は
{表面利率+(償還価額-購入価額)÷残存年限}÷購入価格×100=最終利回り  です。
・裁定取引

同じように値動きする2つの金融商品で、割安なほうを買って、割高になったものを売ることによりリスク回避して、収益を上げる取引のことを言います。

市場の価格が理論価格に近づいて乖離率が低くなり、割安、割高の状態がそれぞれ解消された時、反対売買をすることで収益を上げる取引の方法です。「アービトラージ取引」とも呼ばれます。
・財形貯蓄

運用資金を給与天引きにより、毎月一定額積み立てて投資信託を買い付ける制度のことです。
毎月一定額を積み立てるので、平均取得価額を低くおさえることができ、長期的な資産形成に向いています。
法律的にもさまざまなメリットがあります。
例えば、住宅財形や年金財形は合計550万円まで非課税となります。
・先物取引

株式や為替、債券、金、石油などの商品を将来のある期日に受け渡しをすることとして、その商品を売買することです。

例えば、今現在1株10,000円の株式を1,000株先物取引で買ったとします。
通常の取引では、10,000円×1,000株で、10,000,000円必要ですが、先物取引の場合、全額を支払うのではなく売買金額の一定の割合を「証拠金」として預けることで取引を行います。
証拠金の比率が10%だとすると、

10,000,000円×10%=100万円で、

150万円を証拠金として預けることで取引できます。
しかし、株価が1割下がると、本来支払うはずだった金額(10,000,000円)の1割つまり証拠金で預けていた100万円が損になってしまいます。逆に、1割値上がりすると、100万円得したことになります。これが、通常の取引だった場合、100万円の現金しかなければ、100万円分の株式しか購入できないので、その株価が1割値下がりすると10万円の損。1割値上がりすれば10万円の利益となります。
このことを考えると、ハイリスク、ハイリターンな取引と言えます。
そのため、先物取引の口座は個人投資家の場合、投資経験が長く資金のある人でないと開設できないようになっています。
・指値注文

株式を売買するときに、売買価格を決めて注文することです。

例えば「A社株を2,000円以下で10,000株買い」など、投資家が自分で値段を決められるので、予想以上に高い値段で株を買ったり、安い値段で株を売ったりする心配がありません。
しかし、指定した値段より1円でも高い(低い)と取引ができないため、値動きが激しい時は、機会を逃しやすく、機敏な取引には向いていないと言えます。
売買価格を決めずに、相場の流れにまかせて注文する方法を「成行注文」といいます。
・サプライズ

為替や株価などの市場を大きく動かすような驚くべきニュースや材料が、出ることをいいます。

企業の合併や新製品開発ニュース、各種経済データの発表、日銀総裁などの要人発言などが、サプライズとなることが多いようです。
・材料株

新製品の開発、増資や増配など、株価を動かす材料を持っている株のことをいいます。

株価は、相場全体の流れと、個別の企業が抱えている材料にも反応して上昇や下落をします。業績向上に関するものや、新技術開発など、将来性の持てるものは好材料となる反面、会社の不祥事や無配転落などは悪材料となります。このように材料になる事は、無数にあります。
・残存期間

算日から満期償還される日までの期間のことをいいます。

普通は、年数単位で表されるため、残存年数とも呼ばれます。
・催促相場

画期的な新製品の開発、増資や増配などの好材料を期待して株価が上昇し、企業側に早くその発表をするように、促す相場のことをいいます。

好材料を実力以上にもてはやし、思惑で株が買い上げられる場合が多く、現実に企業側が、株価を押し上げていた材料を発表したとたんに材料出尽くしで、株価が下落に転じてしまうことがよくあります。
・サヤ

もともとは、値段の開きのことですが、今は、買い値と売り値の差のことをいいます。
・債務超過

企業が、債務を期日までに支払うことが、できなくなってしまった状態のことをいいます。

純資産は、資産から負債を差し引いて、負債が資産よりも大きいと、純資産はマイナスという危険な状態です。証券取引所の規則に、5年間無配で、3年間債務超過が続いた場合は、上場廃止という基準があります。
・債券投資のリスク

全ての債券に、重大なリスクがあるという事ではありませんが、債券投資を行うには、度合いは異なりますが、リスクはついてきます。

債券の発行条件、金利動向などによって、流動性のリスク、価格変動から生じるリスクなどが、発生します。
・ザラ場

ザラは、普通に多くあって、めずらしくない様子のことで、寄付きから引けの間の時間、並びにその間の売買方法の総称のことをいいます。
・先物

ある商品を将来の一定時期に受け渡す条件で、売買の契約をする金融商品のことをいいます。

現物を保有している時の利用目的としは、投機(価格変動の利ざやを狙う)裁定(現物と先物の価格差の変動の利ざやを狙う)ヘッジ(価格変動の危険を回避するために使う)の3つがあります。
・様変り

相場の状態を表す用語で、相場が激しく変化していることをいいます。

おもには、下げ相場が急に上昇に転じた場合に、使用されます。
・差金決済

株券などの受渡しをせずに、反対売買による差額で支払い、決済を行うことをいいます。
・さや取り

連動性のある二つの銘柄の価格差や同一銘柄の価格変動などから、売買利益を取ることをいいます。

発行日決済取引などで、旧株と新株の間で値段が開いている時は、最終的に一つの値段にするため高い方を売り、安い方を買って利益を得ます。また同一銘柄では、低い価格で買付け、高い値段で売って利益を得るのです。
・サムライ債

外債の一種で、別名、円建外債といい、外国の発行体が、発行する円建て債券のことをいいます。

サムライの国、日本で発行する債券なので、こう呼ばれています。利払いが外貨、償還が円や利払いが円、償還が外貨の形式をとったものも、発行されていて、利金や償還金について、必ずしも両方とも円である必要はありきせん。
【し】

・シーズンストック

季節が企業業績におおきな影響を与える株式のことです。
例えば夏の暑い時には、クーラーが良く売れたり、ビール、アイスクリームなどの消費が増えます。そのことにより、家電メーカーやビール会社乳製品会社の業績が上がります。
業績が上がることにより、株価も上がることがあります。このような季節ごとの製品などの動向によって、注目される銘柄のことをシーズンストックといいます。
・指定替え

上場株式を取引する市場を替えることをいいます。

一般的には、「東証第二部」から「東証第一部」へ。というように、昇格する指定替えが多いのですが、「東証第一部」の上場維持基準を満たさなくなってしまった場合などに「東証第二部」へ降格する指定替えをすることもあります。
・時価会計

貸借対照表に計上する資産の額を、その時点での評価(時価)で計上することです。
2000年4月以降開始の事業年度から、法人の保有する金融商品の一部が時価で評価されることになりました。
それまでは原則的に取得原価で評価されていたことを考えると、より、現実的な企業の資産を把握することができるようになりました。
・時系列チャート

チャートの中でも「ローソク足」、「一目均衡表」などのように、時間の経過にともなって、右側のチャートを伸ばしていくもののことを言います。
・自益権

1株主個人の利益のみに関係する権利のことです。
例えば、企業の利益に応じて配当を受け取る権利である「利益配当請求権」や、増資の際、新株を引き受ける権利である「新株引受権」、会社合併時の「株式買い取り請求権」、解散時に残った財産を分配してもらう権利である「残余財産分配請求権」などのことです。
・証券取引所

債券や株式などの取引が行われる専門の場所です。

証券取引所によっては、有価証券だけでなく債券や株式の先物オプション取引なども行われることもあります。
日本には次の証券取引所があり、それぞれいくつかの部があります。

札幌証券取引所(札証)・・・・・市場部、アンビシャス
東京証券取引所(東証)・・・・・第一部・第二部市場、マザーズ、外国部
ジャスダック証券取引所・・・・・ジャスダック
名古屋証券取引所(名証)・・・・第一部・第二部市場、セントレックス
大阪証券取引所(大証)・・・・・第一部・第二部市場、ヘラクレス
福岡証券取引所(福証)・・・・・市場部、Q-Board

ここで「証券会社」を通じで株式などが取引されています。売買されている株式などは、その証券取引所で上場されているものに限り、上場するためには承認が必要です。市場により上場基準は違ってきます。
・上場株式

証券取引所で売ったり、買ったりできる株式のことです。

東京証券取引所などの市場に登録されていて、取引ができる株のことで、上場することにより、一般投資家がその株を購入できるようになります。
株式会社でもその株の全てを自社や親会社が保有している場合、取引はできません。
この株を取引所や市場に新しく登録して、取引ができるようにすることを「株式を上場する。」と言います。
株式を上場するには、上場審査に合格する必要があります。
・上場基準

有価証券(株式や債券など)を証券取引所で上場するための基準のことです。

株式を上場したあとに、その株を購入する投資家を保護するため、また、上場株式の取引が円滑に行うために企業の経営内容などのチェックが行われます。
証券取引所は、「その企業が継続して営業を続けていくことができるか」「現時点での収益は確保できているのか」「経営状況は健全か」「経営内容の情報開示に問題がないか」などの項目を細かくチェックします。
証券取引所では、上場区分によって基準が異なり、「第一部」区分では一番厳しい基準で審査されます。
東京証券取引所では、新規事業育成の目的で、「第二部」の上場審査基準が緩和されています。
まず「第二部」に上場して、その後1年以上経過し、発行済み株式数や株主の数などが一定の基準を満たしていれば「第一部」に指定替えするのが通常である。
しかし、既に企業の知名度が高く、発行済み株式数も多い場合は、いきなり「第一部」に上場する企業もあります。
・信用買い

証券会社が投資家に対して、株を買うためのお金を立て替えたり、売るための株を貸したりして行う取引のことです。

ある投資家が今後値上がりすると思う株を購入したいが、十分な資金がない。というような場合、証券会社が買い付け代金を立て替えて株を購入できるようにしたり、逆に、今後値下がりすると思われる株を売りたいが、株を持っていないときに証券会社が株を貸してくれて、取引ができるようにすることです。
投資家は委託保証金を支払い、お金や株を貸してもらうことになる。
信用取引をするには、「信用取引口座」を開設する必要があります。
・ジュグラーサイクル

ジュグラーサイクルとは、景気循環の一つの形態を表したもの。設備投資の周期と重ねあわせられる景気循環で、10年弱ごとに訪れるとされている。企業の設備投資のサイクルに重ねあわせることができることから、設備循環とも呼ばれる。この他の景気循環としては、「キチンサイクル」、「クズネッツサイクル」、「コンドラチェフサイクル」などがある。
・下放れ

下放れとは、前日の終値と比べてガクンと値が安くなる状態をいいます。「したばなれ」と読みます。チャートでは、下値抵抗線を超えて値下がりすることいいます。予想していなかった悪材料が報道されたときに起きます。
・失権

証券市場では、株主としての権利を放棄することを指す。名義書き換えを行なわないため、配当や分割、優待などの株主権利が受け取れなくなることをいう。一方、年金・保険分野では、受給権(年金を受ける権利)の消滅のことを失権という。企業年金においては受給権者が死亡したとき、期間の定められた年金でその期間が満了したとき、年金受給権を得た者が全額を選択一時金として受け取ったときに失権する。年金の支給は失権した月分までとなる。
・しっかり

株式相場が高めのことを、「しっかり」という。 例えば500円の銘柄が10円程度高い時に、 しっかりしてるなぁって思えばいいよ。 さらに、わずかに高いときのこと、例えば4円から5円高 位のことを小じっかリという。
・支持線

株価が一定の幅で上下動を繰り返している時の下限のライン。
「下値支持線」とも言います。株価の動きを長期間追って図表化してみると、上昇相場にしても下落相場にしても、ある期間、一定の高値と下値の間で株価が行ったり来たりしているケースがよくみられます。この「上にも行けず下にも行けない」状態を、「株価が中段でもちあっている」と言いますが、この下のところが「(下値)支持線」と言うわけです。例えば、株価が700円と800円の間で上下動を繰り返しているのであれば、700円が(下値)支持線になります。このように下値にくると株価が跳ね返されるのは、下値のところに買いものがかなり集まっているためと思われます。
・仕手株

企業の事業内容や製品開発といった、実態面での確たる根拠が無い状態で、投機的に株価が乱高下する銘柄のことを指す。一般に株価とは、なんらかの材料によって、需給バランスの変化が生まれ価格変動を起こすが、仕手株の場合は“仕手筋”と呼ばれる集団が株価操作に近い手法を使って仕手相場を作り、数百円の株が短期で数千円になるような銘柄を生む。株価の急激な乱高下が特徴で、安易に手を出すと大きな損失を生む恐れもある。最近は特定の仕手筋のような存在がなくても、自然発生的に、何かの材料で投資家の思惑を呼んで投機的に仕手性の相場が発生するケースが増加している。
・下支え

景気や相場などがある水準以下に下がらないように支えること。「日銀による資金供給が経済を―する」「雇用調整助成金が100万人の雇用を―する」「ハイテク株の上昇が相場を―した」
・仕掛け難

上下動の乏しい相場で、とりたてて見るべき材料もなく売り買いしづらい状態。相場は材料を手掛かりに動きますが、投資家が売り買いしたいと思う新しい材料がまったくなければ、上にも下にも動けません。こうした状態では、株価が下がったら買おうとチャンスを狙っている投資家も、また上がれば売ろうと思っている投資家も、静観せざるを得ません。多くの投資家は売り買いを手控え、相場が動き出すのを待つようになります。こうした状態が「仕掛け難」で、「手掛かり難」とも言われます。
・仕掛け損

判断材料に乏しく(材料難)、相場が停滞している時に手を出して損をすることを仕掛け損と言います。
一般に、判断材料に乏しく相場が停滞している時には手を出さないのが無難だと言われています。材料に乏しい相場に手を出すことは一種の賭けのような状態になるため、静観するのが良いと言われています。
・塩漬け

塩漬けは、株式投資で主に使われる用語で、保有している銘柄が買値より大幅に下落し、売却した場合に損失が大きくなるため、売れに売れない状態のことをいう。この塩漬け銘柄については、含み損(評価損)が発生しており、評価損は売らなければ、実現損にはならない。しかしながら、それが将来的に必ず上昇するという確証はなく、時価評価が現実的といえる。また、塩漬けの期間、その分の資金が固定されるため、他の銘柄に投資した場合に得られるかもしれない機会利益(儲け)を逃すことにもなる。
・シクリカル

シクリカルとは、循環的な景気変動のこと。代表的なものに、ビジネスサイクルがある。
・市場

通常、専門業者の仲介で不特定多数の者が取引を行う場のことを指すが、売り手1人に買い手1人の相対取引(あいたいとりひき)の場も、広い意味で市場と呼ぶ。
・地合い

地合い(じあい)とは、ある銘柄や株式市場全体の値動きのこと。『地合いがいい』と言うと、株価が上昇する傾向にあって、いい値動きをしている状況を指します。反対に、『地合いが悪い』と言うと、株価が悪い方に向かっている状況のことを指します。
・市場リスク

市場リスクは、「マーケットリスク」とも呼ばれ、市場価格が変動することによって生じるリスクのことをいう。これは、マーケットにおいて、金利・為替・株式・商品などの市場価格の変動により、保有資産(ポートフォリオ)の評価額(評価損益)が常に変動する状況(不確実性)のことを意味する。一般に市場リスクを分散するには、相関関係を考慮し、性格の異なるマーケットに分散投資することが基本となる。
・商号変更

会社の名前を商号と呼ぶが、会社の名前を変更することを商号変更と呼ぶ。会社の名前を変更する場合には商号変更の登記がおこなわれる。商号変更がおこなわれた際に、株主は、旧商号株券を新商号の株券への引換え手続きをしなくてはならない。一定期間終了後、旧商号株券は、証券取引所において流通しなくなる。なお、所有株式のうち、証券保管振替機構へ預託されている株券については、引換え手続きは必要はない。商号変更がおこなわれる場合としては、合併・株式移転・株式交換の場合が想定される。
・私的年金

民間が、運営管理する国以外の年金制度のことをいいます。

個人年金と企業年金の二種類が、あります。
・品薄株

市場で流通している株式数が少ない株式のこと。発行済み株数が多くても、安定株主が多くて浮動株比率が少ない場合、「品薄株」と呼ばれる。売る人が少ないため、市場に流通している株数が極端に少なくなるため、ある程度取引が盛り上がってくると急騰・急落しやすく、値動きが荒くなるという習性がある。通常、出来高がほとんどないため、投資家が売り買いするさい、希望している値段で購入や売却ができないケースがある。流動性リスクが高い株として、敬遠されがちだ。発行体は出来高、値付き率の向上の観点からIR(投資家広報)を迫られる。
・しこり

しこり(シコリ)は、マーケット全般で使われる用語で、相場が予想に反した動きとなったため、売買機会を逃して身動きがとれなくなっている状態をいう。「しこりが大きい」とか、「しこりがある」などと使われる。
【す】

・スイッチング

投資家が今持っている投資信託を別の投資信託へと投資対象を変更することを言います。
このとき、定められた同一のグループ内で乗換えを行うと新規購入時よりも安い手数料で取引できることがあります。
・スウェットエクイティ

会社設立時、創業者が自らの研究で得た新技術や発明などの成果を出資金の代わりに提供し、株式を取得することです。
研究開発型のベンチャー起業支援制度として、アメリカのシリコンバレーなどで行われている株式発行制度で、最大のメリットは、自己資金が少ない研究者でも起業することができ、事業が軌道に乗れば株式公開して、ほとんどコストのかかっていない株式で大きな利益を手に入れることができるという点です。
・スタグフレーション

経済現象の一つで、景気が停滞しているのに、インフレーションが続いている状態のことを言います。
一般的には、消費者の需要が落ち込む景気停滞期には、物価も落ち着くと言われているが、オイルショックなどの供給能力が低下する現象が起こると、従来の生産工程などが行き詰まり、景気停滞期に物価が上昇を続けることがある。
現在は、省エネルギー運動や、生産設備の見直しなどにより経済状況は改善されてきている。
・ストップ高、ストップ安

1日に最大限動く値段の幅が決められていて、その値段いっぱいいっぱいまで動くことです。

株価などが急激に変動により、市場が混乱することを避けるため、また、投資家を守るために株価が動く幅が決められています。
その幅いっぱいまで株価が上昇することを「ストップ高」、その逆に株価が値幅いっぱいまで値下がりすることを「ストップ安」といいます。
この値幅は株価によって異なり、株価が100円未満の時は、30円、200円未満は50円、500円未満は80円、1,000円未満は100円、1,500円未満は200円、2,000円未満は300円というふうに細かく決められています。
株は、買いたい人、売りたい人それぞれの注文を証券会社が受けて取引されるので、何かいいニュースがあると「買いたい」という人が増えて株価が上昇します。
逆に悪いニュースがあると「売りたい」という人が多くなり株価は下がります。
そのために「値幅」を設ける必要があるのです。
・スウィング

短期売買で、少し保有時間を長くして値幅を狙う取り引き方法のことをいいます。

元来は、スウィングトレードといいますが、単にスウィングと呼ばれることが多いです。
・水準訂正

割高や割安と思われている価格などが、適正な水準に近づこうとする動きのことをいいます。

たとえば、他国の同業の他社と比較してみて、割安水準にある場合や業績のわりに割安水準にある場合など、各々の視点で、適正と思われる水準に向かって推移することです。
・ストックレンディング

貸し手から借り手が、貸借料を支払って株券などを借入れ、前もって決められた期間が経過した後に、借入株券などと、同じ種類、同じ価値の株券などを返還する取引のことをいいます。
・スワップ

金融派生商品の1つで、2者間で前もって、合意している数式にしたがって求められた現金収支(キャッシュフロー)を交換する取引のことをいいます。

スワップは、もともと交換という意味です。金融取引の代表は、通貨スワップと金利スワップです。金融機関同士で取引していたものですが、最近では、個人向け金融商品の中にも取り込まれるようになってきました。
・スプレッド

2つの商品における金利差や価格差のことをいいます。

売値と買値の差が大きければ、大きいほど市場の流動性が、不足していると考えられます。
・ストリートネーム

実質的に株式の名義は、投資家のものでも、証券会社となっていることをいいます。

アメリカでは、一般的に行われていて、当該株式は、証券を投資家のために保護預かりする保管機関で、管理しているので株式にかかる諸手続きが、スムーズに行われます。
・スシボンド

日本企業が、外貨の保有率を高める方法として、日本の投資家向けに海外で、発行する外貨建て外債券のことをいいます。
・ステークホルダー

株主、従業員、得意先、消費者、仕入先、債権者、行政機関、地域社会など、企業の経営活動の繁栄や存続に対して、企業を取り巻くあらゆる利害関係にある人達のことをいいます。
・ストックオプション

前もって決めた価格で、自社の株を買うことができる権利のことをいいます。

アメリカなどで、役員や従業員に対する報酬の一つとして、広まっており、1997年5月の商法改正により日本でも、導入が可能になりました。
・スクリーニング

ある条件を設定して、銘柄を選びかえ、選出することをいいます。

最近では、ネット証券の取引情報でも簡単にできるようになってきました。
・スプレッド取引

二つの商品における価格差のことで、割高な銘柄を売り、割安な銘柄を買えば確実に利益を得る取引のことをいいます。

株の場合、前もって決まった銘柄間のスプレッド取引は、無く投資家の経験や比較分析で、独自に選んだ複数の銘柄間の、価格差を利用して売買を行っています。
・ストラテジスト

企業の動向や経済の動きなど、色々な視点から投資環境を分析し、投資戦略を提供する人のことをいいます。
【せ】

・セーフティネット

金融機関が破綻した際、預け入れている現金等を保護する仕組みを称する言葉です。
証券会社、銀行、保険会社等が破綻した場合にそこに預けている資産を保護する仕組みのことで、その仕組みは、金融商品ごとに異なります。
・税効果会計

多く払いすぎている税金が、将来戻ってくる予定の資産としてあらかじめ、自己資本に組み入れる制度のことです。
例えば、銀行が不良債権処理のために有税でつんである「引当金」がありますが、実際に融資先企業が倒産すると、その時点で「損失」が確定され、「引当金」にかかっていた税金が戻ってきます。
・税効果資本

税効果会計で自己資本に組み入れる税金相当額のことです。
税効果会計では、将来もどってくる予定の税金を資産と見込んで計算しているため、税効果資本の割合が少ないほうが企業の健全性は高いと言えます。
・全面高

上場されているほとんどの銘柄の株価が、上がることをいいます。

一概にはいえませんが、景気などの外部状況と市場を覆う雰囲気と現れた材料の印象の強さ、市場の満足度などが微妙に関係して、全面高の状況が、出現するといえます。
・全面安

相場が下落している状況で、おおかたの銘柄の株価が、下落していることをいいます。
・潜在株式比率

潜在株式数を発行済み株式数で、割って算出した比率のことをいいます。

投資判断をする場合の、重要な判断材料のひとつでもあります。
・潜在株式

転換社債やワラントなど、将来株式になるもののことをいいます。

実際に株式になると、その株の発行済み株数が増えてしまうため、1株あたりの当期利益が低下し価値の判断に影響を与え、株主構成も変わり、場合によっては、経営に影響がでてしまうこともあります。

投資判断をする際に、現在潜在株式がどのくらいあるのかも、重要な要素のひとつとなります。
・成長株

将来、持続的に成長することが、期待される企業の株のことをいいます。

企業の成長をどこに置くかがポイントですが、時代を先取りした業種、新製品や新技術の開発に努めている企業を指示することが多いようです。
・絶対期日

融資資金を証券会社に対して、返済しなくてはならない最終日のことをいいます。

信用取引は、証券会社から融資を受けて、その融資資金を使って株式の取引をおこないます。融資をうけた場合は、資金は最長6ヶ月間借りることができます。
・整理ポスト

証券取引所での売買が、認められないこと(上場廃止)が、決定した銘柄を売買するところのことをいいます。

投資者に、上場廃止の事実を広く知らせる事ができます。原則として、普通1ヶ月間ここで取引が行われ、上場廃止となります。ここでは、通常の売買はできますが、新規に信用取引をすることはできません。
・政府短期証券

国の様々な特別会計や一般会計などの、一時的な資金不足を満たす為に、発行される期間60日の割引債券のことをいいます。
・税引利益

経常利益から、法人税といった税金と固定資産や投資有価証券の取引など、会社の業務内容とは関係ない部分で発生した損益(特別損益)などを差し引いて残った当期純利益のことをいいます。
・セデル

欧州証券市場における債券の受渡しや決済の集中管理また、国際的な株式の決済業務などを行うために、設立された国際証券決済機関のことをいいす。
・清算分配金

株式会社が清算を行う場合に、会社の残余財産の売却をし発生したお金で、株式の持分に対して、株主に支払われるお金のことをいいます。
・生産財

原材料、部品、燃料、工具など、生産のために必要なもののことをいいます。
・セクターローテーション

景気の動向を理解した上で、景気の変化ごとに、投資対象を有望な業種別銘柄に切り替えていく投資方法のことをいいます。

高い投資成果を上げている企業群には、一定の傾向が見られ実際の投資では、この傾向を認識した上で、産業内での企業間格差にも注目する必要があります。
・セクターアナリスト

式公開企業の現状を調査、分析し、その評価や株価の予測を専門に行う、証券分析者のことをいいます。

普通は、1人のアナリストが1つの業種(セクター)と、そこに属するいくつかの企業を担当してます。
・セリング

証券会社が、新たに発行される株式や債券などを広く投資家に、買ってもらうよう営業する、募集や売出しの取扱い業務のことをいいます。

アンダーライティングとよく似ていますが、売れ残った株式などを引き取る必要が、ない所などが違っています。
・ゼロ金利

短期金融市場の金利が政策的にゼロまた、はそれに近い低金利に、されていることをいいます。

1999年3月に日銀は、短期金融市場の無担保コール翌日物金利を史上最低の0.15%に下げ、この時の日銀総裁、速水氏が、「翌日物金利はゼロでもよい。」と発言したため、ゼロ金利政策と呼ばれました。

長期金利の上昇や金融制度の不安による、物価下落と景気後退の悪循環を防ぐことが目的で実施されました。
・世銀

国際開発金融機関の一つで、国際復興開発銀行(IBRD)の通称で、国際復興開発銀行に、国際開発協会(IDA)等を加えた世界銀行グループの総称のことをいいます。

国際開発金融機関の中で最も規模が大きく、発展途上国の政府や民間企業に対して、融資などをおこない、途上国が発展するための支援をすることを目的とした公的な国際金融機関です。
・節税

制度や特例などの範囲のなかで、できる限り税額を少なくしようと、工夫や努力することをいいます。

一般的によく行われている節税対策として、災害などにあった時は、雑損控除を利用、医療費控除を受けるためには、領収書を保管、自営業の方は、青色申告をしたりなどがあります。
【そ】

・相関係数

2銘柄間の株価変動の関係を表す数値のことです。
2つの銘柄の相関係数が1に近い時、株価変動が同じように起こる傾向が強く、0に近い時、株価の動きに関連性がないと考えられます。
また、-1に近い時、1つの銘柄の株価変動幅が大きくなると、もう1つの銘柄の株価変動幅は小さくなる傾向が強いと考えられます。
よって、リスク回避のための分散投資では、相関関係が0~マイナスになるような組み合わせを選択することがあります。
・総合課税

いろいろな所得の合計額に対して税金を算出する方法のことです。
分離課税される所得を除いた全ての所得から、控除額を差し引いた額に税率をかけて算出されます。
税率は所得により異なります。
・増益率

前期の経営利益に対して、どれくらい利益が伸びたかを表す数値です。
財務諸表分析の一つで、以下の計算式で算出されます。

( 当期経営利益 ÷ 前期経営利益 )-1
・ソブリン債

国や政府機関が発行し、保証している債権のことです。

各国で発行される国債などがそれにあたりますが、国が発行しているからといって必ずしも安全とは言い切れません。
信用格付けの低い国で発行された国債などは、償還時に額面どおりの金額が戻ってこない可能性もあります。
ソブリン債とは一般的に、格付けの高い国で発行された国債のことをいい、安全性の高い債券の代表とされています。
・早期償還

債券の全部または一部が、償還日前に償還されることで、期中償還とも呼ばれています。

発行者の償還負担を平準化するために行われ、買入消却あるいは、抽選のいずれかの方法があり、早期償還された場合、買付時の最終利回りが確保できなくなる可能性があります。
・ソブリン格付

政府機関や国などに対し、債務の元利払にかかわる能力評価をした順位付けのことをいいます。

この格付は、その国の企業などの順位付けなどにも、影響を及ぼしてます。
・相場のことは相場にきけ

相場の見通しが、良くわからない時は、流れをよく見て相場に、したがったほうがよいという意味の格言です。
・損益通算

一定期間におこなった売買を個別に計算し、その利益と損失を合算して、最終的に利益なのか、損失なのか数値を算出することをいいます。

上場株式などは、1月から12月までの損益を通算し、最終的に利益が出ると確定申告をする必要があります。損失の場合は、確定申告の義務はありませんが、確定申告をすると、損失の繰越控除の特例をうけることができます。
・税金

国民が負担する、国や地方公共団体が活動するための資金のことです。

国に納める国税と地方公共団体に納める地方税で、様々な種別がありますが、それぞれ法律によって定められています。
・底堅い

株式の市場用語で、相場が下がりそうで、下がらない状態のことをいいます。
・損切り

含み損が出た証券が、価格を戻してくる期待が、持てなくなった場合やこれ以上損失が、拡大したら困るという理由で、見切りをつけ損を覚悟で、売却することをいいます。
・ソフトダラー

証券会社から機関投資家が、電子情報端末の使用料や通信料などを肩代わりしてもらう代わりに、有価証券の委託手数料を多めに支払う取引の慣わしのことをいいます。

ソフトダラーの考え方は、現在では広く一般に、通用する考え方ではありません。
・底

株式相場が下落していて、安値水準の状態のときに使われ、相場の安値のところのことをいいます。
・底入れ

株式相場が下がって底をついている状態のときに使われ、相場が下がるだけ下がり、下がりきった事が確認されて、相場が下げ止まったことをいいます。

下げ相場が続いた期間が、長ければ長いほど下げ止まっても、株価はすぐに上昇せず、しばらく小康状態を続け、次の値上がりに向かうための準備期間を必要とします。

 

2012-09-08

【PR広告】

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.