初心者の為の株式用語 【あ】行まとめ

株取引初心者の為に株式用語をまとめてみました。仕手株の場合、隠語を使うことも多く、初心者にはわかり辛い言葉も多々あります。こちらの用語集を参考に記事を読んで頂ければと思います。

【あ】行の株式用語

【あ】

・アーニングサプライズ

予期しない情報により株価が大きく変動することをいいます。

新しい商品や技術の情報や、業務提携などを企業が発表すると、 株価は反応します。
今まで市場で知られていなかった情報の場合は、株価の変動は大きくなります。 この情報のことを「アーニングサプライズ」と言い、株価が上がった時は、「ポジティブサプライズ」、 下がった時は「ネガティブサプライズ」と言います。
・アービトラージャー

裁定取引のことをアービトラージ取引と言い、 その裁定取引を行う投資家のことを言います。
・相対売買

売る人、買う人であらかじめ「値段」「数」「お金の払い方」を決めてから行う取引のことです。
投資家から注文をうけた証券会社は、直接売買の相手となり、取引をすることをいい、委託売買、競争売買に対する言葉です。
・アウトパフォーム

一定の期間に、その株の株価上昇率が、日経平均やTOPIXなどの株価指数を上回ることをいいます。

アナリストが投資判断する時に、平均的な収益を何%上回ったか、という相対的な評価として使います。
・青色申告

所定の帳簿、書類や領収書などを作成し備えている納税者に、税制上に色々な控除などを与える申告納税制度のことをいいます。

青色申告には、青色事業専従者給与、青色申告特別控除などが認められ、純損失が繰り越せ、各種引当金を計上できるという特典があります。
・青天井

雲一つない青空のように陰りがなく、相場の上げ基調が続き、どこまでも上がりそうな様子のことをいいます。

ですが、現実には、どんな相場も無限に上昇を続けることは、ありません。必ず天井があり、青天井と言われる状態になったら、まだ上がり続けそうに思えても、慎重になることが大切です。
・赤字国債

国が、赤字補填のために、発行する国債のことをいいます。

景気悪化などで、税収が落ち込んだ際に、歳入不足を補足するために発行され発行には、特別の立法が必要とされます。
・あく抜け

株価の下落原因の悪材料が、出尽くして一段落することをいいます。

傾向としては、悪材料が出尽くした後だけに、あく抜け後の相場は、比較的穏やかに回復に向かうのが、一般的です。
・足どり

今までの、相場の動向のことをいいます。

保ち合い、上げ足、下げ足の3つがあり、相場を予測する時の参考になります。
・当たり屋

相場で利益を上げることが、続いている人のことをいいます。

当たり屋につけという格言があり、これは、運の付いている人に逆らうなという意味ですが、その一方で、当たり屋と言われたところから曲がり角ともいい、いくら当たり屋でも、全て予想通りというわけには、いかないという格言もあります。
・アノマリー

はっきりとした、理論的根拠は無いけれども、株式市場を含む金融市場では、よく当たるとされる事態のことをいいます。

以前から日本株は、4月に上昇しやすいという4月効果、アメリカ株は、10月に安値を付けやすいので、10月に株を買うと、儲けやすいという10月効果などが、有名です。
・甘い

相場が下げ気味にある時で、市場価格が多少とも安い状態のことをいいます。
・アメリカンオブション

オプション取引において、権利行使最終日を含んだ行使期間中、いつでも権利行使できるオプションの様式のことをいいます。
・アメリカ株

ナスダック市場やニューヨーク市場に上場するアメリカの株のことをいいます。

インテル、シティコープ、マイクロソフトなど、日本でもなじみのある企業の株が多く、オンライン証券などが、アメリカ株売買の取次ぎの手数料を安く行うようになり、取引はより、身近なものになってきました。
・あや

明確な理由はないが、長期的にみて、大勢に影響もなく相場が、一時的に上下することをいいます。
・あやおし

上昇基調にある相場が、明確な理由がないまま、一時的に少し値を下げることをいいます。
・アンダーウェイト

資産分配を決める際、任意の投資対象に、基準となる資産分配比率よりも少なく分配することをいいます。
・安定株主

長期的にその企業の株式を持ち続ける株主のことをいいます。

株価の変動や、企業業績などの短期的な動きに左右されずに、長期的に株式を保有することです。
一般的に安定株主とは、その企業のメインバンク(金融機関)や、取引先企業などの法人株主のことをさします。
企業にとって経営の安定化は最重要項目であり、安定株主はその条件の一つとされています。企業が敵対的買収から身を守るために必要とされてきたからです。
しかし、最近では「持ち合い解消」によって、取引企業や金融機関などの持ち株比率が低くなってきているようです。
・アンビシャス

札幌証券取引所に、これからの成長が期待できるベンチャー企業などに、新たな資金調達をすることを目的として、平成12年4月創設された新市場のことをいいます。
・上げ足

相場が、確実に上昇している様子のことをいいます。
・悪目買い

相場が下がっているなかで、売り人気にもかかわらず、買われることをいいます。
【い】

・イールドカーブ 債券の残存期間を横軸に、利回りを縦軸にして座標を取り、その点を結んだ曲線のことです。

残存期間に応じた利回りの関係を表し、残存期間が長いときの利回りが、残存期間が短いときの利回りよりも高いことを「純イールド」と言い、逆に、残存期間が長いときの利回りが、残存期間が短い時の利回りよりも低いことを「逆イールド」と言います。
・イールドスプレッド

長期金利と株式益回りの差のことです。

株式投資を長期間で運用し、収益を上げるには、長期金利よりも株式投資の収益率が高いことが重要です。
長期金利のほうが高ければ預金したほうがいいのは言うまでもありませんね。
株式投資の収益率は
株式益回り+経済成長率 で
算出されます。したがって
長期金利<株式益回り+経済成長率 の時は積極的に株式投資をするべき時期と言えます。
上の不等式より、
長期金利-株式益回り<経済成長率 となり
長期金利-株式益回り(イールドスプレッド)<経済成長率 のときが
絶好の株式投資チャンスと言えます。
・イールドレシオ

株式相場の水準が割高なのか割安なのかを見極めるときに使われる指標のことです。

具体的には、長期金利を株式益利回りで割ったもので、このイールドレシオが小さくなればなるほど、株価は割安に感じられます。
・委託売買

投資家から委託された証券会社が執行する取引方法のことです。
投資家から売買注文を受けた証券会社が、直接売買の相手方にはならず、証券取引所へ注文をして(投資家から委託された注文を証券取引所に伝える)、取引を成立させることです。
相対売買に対する言葉です。
・インカムゲイン

持っている『株式』の配当や、『債券』『国債』『預金』などの利息のことです。

インカムゲインに対してキャピタルゲインがありますが、それぞれにかかる税率が異なります。
インカムゲインのうち債券や国債、預金の利息にかかる税金は、20%の源泉徴収です。
株式の配当にかかる税金は、平成20年3月までは10%の源泉徴収のみです。長引く不況を少しでも緩和させようと、一般投資家を株式市場に集め活性化させるため平成15年4月から導入された税制です。(それ以降は源泉徴収20%になります。)
・インデックス運用

株価指数の動きに連動するように運用することを言います。

日本の日経平均株価指数やアメリカのダウ指数など、市場の動きを表す指標のことをインデックスといいますが、その指標と同じような収益を上げることを目指して運用されるため、投資銘柄には、株価指数を構成するものが選ばれる。
機関投資家の多額の資金運用に使われることが多い運用方法です。
・一般口

決算期ごとに投資信託の分配金を受取るコースのことをいいます。

このコース以外には、自動的に収益分配金を再投資する累投口があります。
・委託手数料

投資家が証券会社を通じて、株式などの売買をおこなう場合に、証券会社に支払う売買手数料のことをいいます。
・一部指定

上場銘柄の資格が、第一部市場へ上がったことをいいます。

大証、名証、東証には、第一部市場と第二部市場があり、一定の上場基準を満たしていれば、第一部市場に指定されます。
・インハウスリサーチ

投資信託会社などが、自社内の担当者で、分析や調査をすることをいいます。
・インフレリスク

物価上昇率(インフレ率)の方が、投資した金融商品の利率より、高い場合に起きる価値低下の危険のことをいいます。
・イールドスプレッド

株価の割安さや割高さを長期金利との比較から、算出する指標のことをいいます。

10年物国債の利回り-株式益回りを計算したもので、3~4%程度が標準的水準と言われていましたが、現在の超低金利では、その基準が使いづらくなってきました。
・一年基準

資産ならびに負債を流動や固定に分類するために、設定された基準のことをいいます。

決算日から、1年以内に現金など価物を受け取ることができるものを流動資産または、支払われると予想されるものを流動負債といい、1年を超えるものを固定資産または、固定負債といいます。
・インサイダー取引

企業内部の人間が、投資判断に影響を及ぼすような企業の重要な情報に基づいて、その情報を知り得ない者と、その企業の発行する株式などの証券の取引を行なうことをいいます。

投資判断に影響を及ぼす重要な情報が、公表される前に企業の内部者が、その企業の株の売買をしてしまうのは、法律で禁じられており、これに違反した場合は、3年以下の懲役または、300万円以下の罰金が科せられます。
・委託保証金

信用取引を行うときに、投資家が証券会社に差し入れる担保のことをいいまする

普通は、約定金額の30%以上が必要です。現金のかわりに、有価証券で代用することもできます。
・一服

日常会話での、一服と同じ意味で使われ、大きく動いてきた相場が一時的に止まり、小休止状態になることをいいます。

上げ相場の中で上げた後、そこで止まれば、上げ一服、その逆を下げ一服といいます。
・移管

投資家の指示に従い、証券会社が、投資家から預かり保管していた、株式などを投資家に返却せずに、他の証券会社に預け替えをすることをいいます。

外国株式の場合は、自社の証券を保護預りする保管機関(カストディン)から、預け替えする証券会社の保護預りする保管機間(カストディアン)へ移管されされます。
・いってこい

相場や株価が、値上がりまたは値下がった後に、勢いを失い結局は、もとの水準まで戻ってしてしまうことをいいます。

通常は、1日の株価のなかで起こることを指しますが、1日に限らず、一定期間でこうした値動きをした場合にも使われます。
・一段高

上昇傾向をたどってきた相場や株価が、さらに高く異動している様子のことをいいます。

値幅制限があるため株式相場では、、どんなに買いが集中しても、ストップ高以上の一段高はありません。
【う】

・受渡し

約定(売買が成立)により、買い手が買い付け代金を売り手に渡し、売り手が売付証券を買い手に渡すことです。
決済とも言われます。
・売掛金

1年以内に収納予定の資産項目の1つで、貸借対照表の借方項目に計上されるものです。

商品などを提供した際、現金収納せずに翌月払いなどにした場合の代金のことです。
「買掛金」はこの逆で、商品などを受け取って、現金払いせずに翌月払いとしたときの支払い代金のことを言います。
・売り越し

機関投資家などの特定の売買主体が、一定期間内で買った株式の金額を超える額の株式を、売った状態のことです。
・売り材料

投資家が持っている株式を売ろうと思うきっかけとなる出来事のことをいいます。

「悪材料」とだいたい同じ意味で使われますが、信用取引で使われる場合は、反対の意味を指します。
株式相場全体、または個々の銘柄にとってマイナスの報道などがあると、それは「売り材料」といわれます。
一般的にはそのことによって、株価は下がります。
株価に影響を及ぼす期間は、売り材料によって違ってきます。短期的な売り材料であれば、株価は一時的に下落しますが、安値は続きません。
「売り材料」の対の言葉として、「買い材料」というのがあります。
これは、その株式を買うきっかけとなる材料のことです。
日本の株式市場では、「円高」は売り材料に、「円安」は買い材料にあたります。
・売出し

発行済みの有価証券の「売付け申込み」、「買い付け申込み」を不特定多数の人に対して均一の条件で勧誘することです。

株式公開をするときに、株式発行会社の大株主が持っている株式を、不特定多数の一般投資家に取得させる場合は、これにあたります。
・売り建て玉

オプション取引、信用取引、先物取引の売付けをして、未決済のもものことをいいます。
・運用方針

運用会社が、投資信託を運用する際の備えや考え方を表すことをいいます。

安定した収益確保のためには、どんな債券や株式を、どのように運用するかなどの形で示され目論見書などで、確認することができます。
・上ザヤ

同一銘柄で、ほかの上場取引所より値が高いこと、または、ある銘柄の相場が、ほかの銘柄より高いことをいいます。
・売り出し

均一条件で、不特定多数の人に対して、すでに発行された有価証券の買い付け申し込みや売り付け申し込みの勧誘をすることをいいます。

典型的な例では、発行会社の大株主が保有している株式を不特定多数の一般投資家に、取得させるというケースです。
・受渡日

株式を売買した際に、売付けた場合は、株券を渡して売却代金を受け取り、買付た場合は、売買代金を渡して株券を受け取ります。この決済をする日のことをいいます。
・売上総利益

別名、粗利益ともいい、売上から売上原価を差し引いた利益のことをいいます。
・上値

株式市場の取引が、現在の株価の水準より、さらに高い株価のことをいいます。
・売りつなぐ

値下がりの危険を避けるために、株式市場で手持ちの株式を保有しながら、同じ銘柄を信用取引で空売りする、危険回避の手段のことをいいます。
・上放れ

水準を超えて株価が、一気に大きく上昇したり、前日の終値と比べて大きく上昇して取引されることをいいます。

投資家としては、いつまでも株価の上昇が続くと期待しがちですが、相場が加熱気味の時こそ、注意が必要です。
・受取手形

商品や製品の販売などによって、企業の営業取引から発生する、手形債権のことをいいます。

裏書をして第三者へ譲渡したり、手形代金を取り立て現金を受け取ったり、営業取引先の不渡りなどで消滅します。
・売り一色

政治や経済などの急激な変動が、相場に悪影響をもたらし買い物がなく、 売り物ばかりの状態のことをいいます。
・売るべし売るべからず

一般的に、売るべきだと考えられる時は、売りたくなるものだが、そんな時は、みんな思うことは同じで、かなり売り込まれているので、売らないほうが堅実だという教えのことをいいます。
・埋める

穴を埋めるといい、株式市場で下げた分を戻すという意味です。

窓を埋めていくような、値動きの様子を窓を埋める。買いまたは、売りから入った建玉を転売や買い戻しによって決済することをカラ売りを買い埋める。などと使いう表現方法もあります。
・うねり取り

株価の上下異動する動きの中で、安値近辺で買い、高値近辺で売るという工夫をして、それぞれの動きの値幅を大きく取って、利益を出そうとする取引方法のことをいいます。
【え】

・エマージング市場

経済的に発展途上である、中南米、東南アジア、インド、中国、ロシア、東欧などが一般的にエマージング市場とされています。
今後、大きく経済成長する可能性があり、大きな運用成績が期待できる市場といえます。
しかし、経済成長の過程における、通貨暴落や急激なインフレなどの危険性も合わせ持っているといえるでしょう。
・営業外収益

受取利息や不動産賃貸料収入などの、企業の本業以外の活動で得た収益のことです。
損益計算書では、経常利益に区分されます。
・営業循環基準

業会計における負債・資産を、流動・固定に分類するための基準のことです。

製品を製造する際、材料を仕入れ→製品加工して→製品を作り→売るといった企業活動における、資産と、その資産調達のために生じた債務を、一年基準とは関係なく「流動資産」「流動負債」とする基準のことです。
・営業報告書

計算書類の一つで、商法281条の規定により企業は必ず作成しなければならないものです。

会計簿から作成されるのではなく、営業状況を文章で報告するものです。
取締役は監査役に株主総会の7週間前までに「貸借対照表」「損益計算書」「利益の処分又は損失の処理に関する議案」と共に提出する必要があります。
・円建外債

非居住者が日本国内市場で公募、発行して、発行時に日本円で払い込みするものを言います。

つまり、非居住者が日本国内で発行した債券を、投資家が購入する際、日本円で支払いするもののことです。
「利払い」や「償還金」の両方とも円である必要はなく、利払いが外貨、償還金が円の「リバース・デュアル債や、利払いが円、償還金が外貨の順デュアル債なども発行されています。
サムライ債とも呼ばれています。
・円高、円安

非居住者が日本国内市場で公募、発行して、発行時に日本円で払い込みするものを言います。

つまり、非居住者が日本国内で発行した債券を、投資家が購入する際、日本円で支払いするもののことです。
「利払い」や「償還金」の両方とも円である必要はなく、利払いが外貨、償還金が円の「リバース・デュアル債や、利払いが円、償還金が外貨の順デュアル債なども発行されています。
サムライ債とも呼ばれています。
・縁故地方債

発行団体と縁故関係のある特定の者が、引受ける都道府県、市町村などが、発行する地方債のことをいいます。

証券による形式と証書借り入れによる形式、二つの発行方式がありますが、最近では、金融機関側が、期末の時価評価を不要とするため、証書形式を選好しているので、証券による形式で発行される割合は、低下傾向にあります。
・エクイティファイナンス

エクイティは株式のこと、ファイナンスは資金調達するという意味で、株式を発行して資金調達することをいいます。

資金調達した資金が、バランスシート(貸借対照表)の資本の部に入るものをエクイティファイナンス、負債の部に入るものをデッドファイナンスといいます。
・円安圧力

為替相場の取引において、経済統計や関係者の発言、色々な情報為替相場の取引において、経済統計や関係者の発言、色々な情報などが、円安に働くと考えられる状況のことをいいます。などが、円安に働くと考えられる状況のことをいいます。
・エンジェル税制

ベンチャー企業に対して投資する、エンジェルの活動を促進するための税制上の特例のことをいいます。

1997年に創設され、株式購入の際、売却して利益を得た時や損失を受けた時など、税金の優遇措置がとられるようになりました。また2003年に改正され、投資家が、ベンチャー企業の株式を取得した時、同年に他の株の売買益がある場合には、ベンチャー企業株の取得金額をその売却益から控除できる。などの制度が、加えられました。
・営業利益

企業が、営業活動を通じて得た売上総利益から、販売費や税金などを差し引いた利益のことをいいます。
・円短期運用

無担保の約束手形(CP)、譲渡性預金証書(CD)、コール、手形などの円資産において、短期金融市場での、安定的な運用をおこなうことをいいます。
・エコマネー

別名を地域通貨といい、特定の地域内のみで、通用する擬似通貨のことをいいます。

地域における福祉、文化、環境など、市場経済で流通しない地域独自の色々な役務などと交換して、各自の要望を充足するための媒介となっており、近年では、国内外で注目されていて、2004年現在では、世界2500以上の地域で導入されています。
・エンジェル

創業前または、創業まもないベンチャー企業に、資金を提供する個人投資家のことをいいます。

ベンチャー企業は経営基盤、信用力が、弱いため、銀行などからの資金調達が困難なのが通常です。こうした企業を後援するために資金を提供するのだが、それだけでなく、企業の経営サポートにも積極的に関わっる場合が、多いようです。
【お】

・オークション銘柄

ジャスダック市場で取引される銘柄のうち、マーケットメイク銘柄以外のもののことです。

売り注文と買い注文を一つの場所に集めて注文同士で約定を成立させるオークション方式で取引される銘柄のことです。
・オーバーアロットメント

増資による一時的な株価急落を防ぐための制度のことです。

増資により発行済み株式数が増え、株式市場での需給バランスが悪化するのを防ぐために、発行を引き受けた証券会社は発行予定を上回る株式数を販売して、その後の株価の状況を見ながら取引をします。
株価が発行価格よりも下がれば、市場から買い戻し、株価が発行価格よりも高くなれば、企業に追加で株式を発行してもらうことで、より多くの資金を調達できるようになります。
・オーバーウェイト

資産を分配するときに、任意の投資対象に、基準となる資産の分配比率より多く配分することをいいます。
・オープン型投資信託

投資信託での運用が始まってからでも購入できるもののことを言います。

「追加型投資信託」「オープンファンド」とも呼ばれ、MMFや中期国債ファンドもこのオープン型投資信託になります。
基準価額(日々の1口あたりの時価)をもとに、いつでも売買ができます。値動きを見ながら売買を行うことで、売買差益(キャピタルゲイン)を狙うことも可能です。
市場や業界などを絞って運用されるファンドなど、いろいろな種類のファンドがあります。
・大型株

発行済み株式総数の大きい企業の株式のことです。

1株式の価格の高低ではなく、発行済み株式数の大小により、大型、中型、小型に分けられています。
「規模別株価指数」の計算では、東証第一部上場銘柄のなかで、上場株式数が2億株以上の株式のことを「大型株」といいます。
しかし、上場株式数10億株以上の企業の株式のことを「大型株」とするのが一般的です。
・オプション取引

決められた期日(期間内)に、決められた数、決められた値段で「売ることができる権利」、「買うことができる権利」の取引をすることです。

「売る権利」はプットオプション、「買う権利」はコールオプションといいます。
このうち、決められた期間内であればいつでも権利行使できるものを「アメリカンタイプ」と言い、
決められた日(権利行使日)のみ権利行使できるものを「ヨーロピアンタイプ」と言います。
・オルタナティブ投資

従来からの投資対象の上場株や債券などと、相関しない運用対象に投資することをいいます。

慣習にとらわれないという意味のオルタナティブということで、この名称が使われています。具体的には、不動産、ヘッジファンドなどがそれにあたります。
・お化粧買い

株式の評価額を上げるために、決算期末において、買い注文が入ることをいいます。

人為的な意図をもっての買い注文なのか、通常の投資の買い注文なのかを判断することは難しいことです。
・大引け

株式市場において、1日の取引をすべて終了した時のことをいいます。
・終値

株式市場のその日の各取引時間内において、最後についた値段のことをいいます。

1日の株価の移り変わりやその後の株価をみるうえで、大きな役割を果たしています。
・オプション

選択権という意味で、買い手の意向しだいで、売るのも買うのも自由という意味です。

権利行使の期日、価格、数量などは、それぞれ商品ごとに決められてます。日経平均を対象にしたオプションが日本でも、個人投資家の間で盛んに取り引きされています。
・オフショア

制度上の制約が少なく、税率が極めて低いか非課税で、取引できる市場のことをいいます。

一般的には、税金が少ないか、まったくかからない地域や国のことで、タックスヘイブンを指すことが多いです。

タックスヘイブンとして、ケイマン諸島、バミューダ島、イギリス領バージン諸島などが有名です。
・オファー

債券の売買注文を出す際、証券会社から投資家への希望売却金額のことをいいます。
・オシレーター

市場の日々の値動きから、株価の水準とは無関係に売りや買いの合図を出す、相場の強弱動向を表した指標のことをいいます。

ストキャスティクス、相対力指数(RSI)、サイコロジカルラインなどは、オシレーターの一種といえます。
・大台

証券市場など相場の状況を表す用語で、値段の大きな境目となるけたのことをいいます。

大台を上回ることを大台乗せ、下回ることを大台割れといいます。
・大底

相場がもっとも下落した状態で、これ以上の水準に下落することは、ないだろうという目安になる安値の位置のことをいいます。
・大口取引

取引所外取引で、一つの銘柄について、売買金額が5,000万円を超える注文のことをいいます。

売買金額が300万円を越えて、5,000万円以下の取引所外売買注文を準大口取引といい、売買金額が50億円を超える、取引所外売買注文を超大口取引しいいます。
・大株主

特に明確な基準はありませんが、持株比率の高い個人、法人を含めた投資家のことをいいます。

事業法人、金融機関、その持ち株会社などが、大株主の上位を占めている傾向が、あります。大株主のなかでも、最も株数が多い株主を筆頭株主といいます。
・織込み済み

株価が、好材料や悪材料の影響をすでに、受けていることをいいます。

株価を動かす材料とは、海外市場の動向、企業業績、為替の変動、さらに社長交代に絡む御家騒動などの新たなニュースが、出ても株価が動かなかった場合です。

すでに、ニュースなどで発表となった材料を基準にすると、高値で買って安値で売ることにも成りかねないので、見極めが大切です。
・お申込み口数

投資信託の利益を受ける権利の単位のことをいいます。

設定時に、1口1円などで元本が、設定され基準価額は、1万口あたりの価額で表されます。
・押し目

上げ相場が、一時的に下落することをいいます。

株価が上昇を始めて間もない下落は、まだ買いの勢いが強い場合が多いので、初押しは買い、と言われ買いの時と、考えられていますが、相場の下げが、一時的な下げなのか、長期にわたる下げ相場の始まりなのか、十分に見極める必要があります。
・追証

追加保証金の略で、信用取引などにおいて、相場の変動等により、差し出している委託保証金の総額が、不足した場合に、追加しなくてはならない保証金のことをいいます。

 

2012-09-04

【PR広告】

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.