日経平均は小反発も上値は重く方向感に欠く展開が継続!

日経平均はプラス圏に切り返すもやはり上値は重く買い方、売り方がドンパチ揉み合い状態ですね。9月3日の内閣改造からの政策期待、そして秋の臨時国会へ向けて1万6000円台回復をに期待したいですが、来週は4日のECB理事会とドラギECB総裁の記者会見米雇用統計などを控えてるだけにもうしばらくは様子見が無難でしょうか。

政策期待から強い動きをしている建設関連、カジノ関連中心に押し目を狙いつつ、値動きの軽い新興の3652 ディジタルメディアプロフェッショナルや6143 ソディックなどの個別材料株を値幅取りで狙うのが良さそうですね。

2014-08-27

【PR広告】

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.