買い材料難、オプションSQも控え手控えムード

日経平均はなんとかプラス圏を維持したといった感じで後場も苦しい展開になりました。やはり追加緩和期待後退はかなりの市場でネガティブ視されている模様です。しかも唯一期待の外部環境、前日の米株大幅上昇でも日経平均がこうも上がらないとなるとしばらくは様子見が懸命かもしれません。

明日はオプションSQ算出日、そして日銀金融政策決定会合議事要旨が公表されるのでそこで何かしらのポジティブ材料を期待。まずは今後の方向性をしっかり見極めたいところですね。

2014-04-10

【PR広告】

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.