厳しい地合で後場でも様子見か?

日経平均は本日も81円下げで午前の取引を終えました。昨日は日経平均は下がっていても銘柄は上昇しているものの方が上回っていましたが本日は日経平均も下げ、各銘柄も下落が多く見受けられています。

米12月ISM非製造業景況指数が市場予想を下回ったことを背景とした昨晩の欧米株安が嫌気され、主力株を中心に売り優勢となっています。週末のSQ算出を控えて先物の動向に振らされやすい地合いとなる中で、売り一巡後も神経質な展開が続いています。

9983 ファーストリテイリングや8306 三菱UFJや8316 三井住友などメガバンク、不動産関連では8802 三菱や8801 三井不動産なども下落が目立っています。

その一方で昨日も紹介した9984 ソフトバンクは本日上昇しています。また、ハイテク関連6752 パナソニックや6501 日立製作所などは上昇傾向にあるようです。

2014-01-07

【PR広告】

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.