NISAのメリットデメリット!

さて、NISAに関しては先ほど説明したように毎年100万円までの非課税投資枠が設定されます。投資金額100万円までの株式投資や投資信託では、値上がり益や配当金、分配金に税金がかかりません。これは現在の課税率は10.147%ですから、大変お得な制度といえるでしょう。

【メリット】
100万円分のある株に投資したとします。5年後、めでたく株価が2倍になって、資産は200万円になりました。儲けを計算すると100万円です。税金の計算を考えると、普通であれば、100万円の20%が税金となりますが、NISA口座で取引をすると、なんと税金は「ゼロ」です!この場合はNISAを使ったことで、20万円も得することになるのです!

【デメリット】
NISA口座は、他の口座との損益通算ができません。投資を行っている方は多くの場合、上場株式、外国為替証拠金取引、デリバティブ系といった商品をいくつか取引しています。

複数の取引がある場合は、1年間における損益を合算して税金を計算することがこれまではできていました。例えば、もしも株式取引で大きく利益を得たとしても、FXで損失が出ていればこれを相殺して計算することができたのです。しかし、NISAではこれはできません。他で損失が出ていても、合計所得を減らすことはできないのです。

そして売却後の再投資は非課税になりません。非課税期間の5年間は、口座にある程度の資金を保有しておく必要があるのです。

また、金融機関の移行もできません。一度口座を開設してしまうと最低4年は他の金融機関に変更できないのです。最初にNISA口座をつくるときに、しっかりとした比較をする必要があります。

これらのメリットデメリットをしっかり把握しておきましょう。明日は来週の注目銘柄、そしてNISAに適した銘柄に関してご紹介します。

2013-12-22

【PR広告】

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.