3連休前で利益確定売り!様子見ムードが強まる!

前日までの短期急騰に対する警戒感が強まる中、3連休を前に利益確定売りが広がり、日経平均株価は前日比79円安となりました。

日経平均は前日までの3営業日で700円以上も値を上げたことから、上昇スピードの速さに対する警戒ムードが高まり、相場のけん引役である外国人に「クリスマス休暇で積極的な動きは見られない」ことから、買い手不在の色彩が強まりました。

こうした中、市場関係者の注目を集めるのが、この日の金融政策決定会合後に予定される黒田東彦日銀総裁の記者会見。「黒田総裁が金融緩和の手綱を緩めないとの姿勢を強調すれば、為替は円安に振れ、日本株は再び上昇基調を強める」との声が聞かれました。

9621 建設技術研究所は2ヵ月ぶりに高値を更新!昨日、今12月期の業績予想を増額修正したことが好感されたほか、JR4社が高速鉄道の輸出に本格的に取り組むと今朝の日本経済新聞が伝えたことも期待材料になっているようです。

2013-12-20

【PR広告】

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.