2121 ミクシィがストップ高!日経平均は前日比125円高!

前日の欧米株高や日本株の大幅下落の反動から買いが優勢でした。本日の日経平均は前日比125円高と前場より約20円下げて終了。

FOMCをめぐっては、「金融緩和の縮小が見送られれば、相場は反転、緩和縮小が開始されても、大幅な調整にはならない」と言われています。

また、今夜から始まるFOMCを控えて様子見ムードが強いとされ、積極的な取引は引き続き手控えられていました。前週末から前日にかけて大きく上下したドル円は結果的に必要な調整も一巡した格好で、このままFOMC待ちの様相が強まっています。

また、2121 ミクシィは連日ストップ安となっていましたが本日ストップ高となりました。ただこれ以上の上昇はどうでしょうか。気を付けて見ていく必要がありそうです。

その他、6079 エナリス、3727 アプリックスIPHDも急騰と主力株も堅調に推移しました。2362 夢真ホールディングス、3760 ケイブ、9424 日本通信などのテーマ性の強い銘柄に買いが入っていました。

市場からは海外株高を受けて反応したのは朝方だけで、その後は目立った動きはみられない、先物の売買も低水準で、目先的な動きだけと言える。結局、FOMCを見極めるまでは、ポジションは傾けづらいということだということですので全てはやはりFOMC待ちということになりますね。明日も様子見つつ短期急騰銘柄で上昇を狙いましょう。明日の銘柄にご期待下さい!

2013-12-17

【PR広告】

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.