米FOMC待ちの中、ポジション調整的な売り先行!日経平均は99円安!

日経平均は小幅高で寄り付いた後、マイナス圏に転じる展開となりました。米FOMC待ちで手掛けづらさが意識される中、ポジション調整的な売りが優勢となっています。また、寄り付き前に発表された短観12月調査では、設備投資計画が4.6%増と予想(5.3%)を下回ったことなども手控え要因になっているようです。そして17-18日に開かれる米FOMC会合で量的緩和策の縮小が決定される可能性もあるために本日も様子見していた方がいいかもしれませんね。

2013-12-16

【PR広告】

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.