[ビットコイン]中国金融機関に禁止令で暴落!そして米では量的緩和政策の早期縮小へ警戒感高まる!

ここ最近世間を騒がせているビットコイン。2ヶ月で10倍以上に急騰するも今度はたったの3日で半額になってしまいました。

中国人民銀行が中国の金融機関に対して「ビットコインを商ってはいけない」というお達しを出したのが急落の原因です。

中国人民銀行は「ビットコインが隆盛になると通常の金融システムに水漏れを生ずる恐れがある」と懸念を表明しています。

米雇用統計ですが先日の発表が好内容となり、市場ではFRBによる早期の量的緩和縮小観測が再び台頭しています。11月は就業者数が大幅に増えた上、失業率も5年ぶりの水準に低下。雇用回復は鮮明で、FRBは月内にも緩和縮小を決めるとの声が出ています。一方で雇用の回復力を判断するには材料不足との見方も根強く、FRBが今月17、18日に開くFOMCの行方に注目です。

2013-12-08

【PR広告】

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.