日経平均は手がかり材料に乏しく揉み合い状態

寄りは売り先行も押し目買いの意欲も強く前日終値を挟んでの揉み合い状態といった展開。物色は継続して決算見極めからの個別での動き。昨日強かったバイオが戻り売りに押される一方、近く国内でのカジノを解禁し合法化する法案が提出されるとのことからカジノ関連に関心が向かっています。

7日に米7―9月期国内総生産(GDP)、欧州中央銀行(ECB)定例理事会、8日には米雇用統計発表など重要イベントなどを控え様子見姿勢が強くなる可能性あり。重要指標発表までは無理せず押し目買いからの短期値幅取り。無理ぜずにいきましょう。

2013-11-06

【PR広告】

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.