ダウの下落に連れて日経も軟調。しかしこの後の展開は…

バーナンキ議長の発言でNY市場は200ドル以上の下落。日経もそれに連れての下落となっていますね。

NYも下がりはしましたが、今回の議長発言は想定内と言えば想定内だったのではないでしょうか。

いつまでも緩和緩和では先がありません。一時的には下げることになるかもしれませんが、FRBや政府が介入しない市場こそ最も健全な市場になると思います。日本の場合は日銀と政府ですね。ここの発言で左右されるような市場はやはり健全とは言えないのではないでしょうか。

目先ではなく長い目で見た時の緩和見直しは必須であると考えます。

2013-06-20

【PR広告】

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.